トップ 業務内容

メイン

業務内容 アーカイブ

2014年03月31日

<その他>一人親方の特別加入

%E3%81%94%E5%A5%91%E7%B4%84%E3%81%AE%E6%B5%81%E3%82%8C.jpg

続きを読む "<その他>一人親方の特別加入" »

2014年03月08日

<参の巻>障害年金

皆が幸せになるには、自分だけでなく、他者への思いやりが大事だと思います。
東日本大震災後の世の中もそのように変わって来ています。
そういう意味では、人を雇う側の会社としても、障害を持っている方々をも巻き込むこような価値観を、会社内で育んでいくことが、より重要になって来るのかなと思います。

そういう意味でも、私どもは「共学成長の会社経営に必要な会社と社員との関係サポート業」を営んでいるのだから、障害年金という部分から今後のあるべき会社のあるべき姿を模索していきたいと思っています。

そんな訳で、障害年金のサイトから作ってみました。
札幌障害年金相談センター
ご興味がありましたら、ぜひご覧になってみて下さい。
%E9%A4%85%E3%81%A4%E3%81%8D.jpg

続きを読む "<参の巻>障害年金" »

2014年03月07日

<弐の巻>助成金

奥義!財源入手の術

<◆貴方の会社に適した助成金確認してみませんか? >


08220629%E3%80%80.jpg

※助成金とは国からもらえる返済不要のお金の事。
助成金は融資とは異なり貰っても返済する必要がなく、当然利子もかかりません。

続きを読む "<弐の巻>助成金" »

2007年10月30日

<壱の巻>戦略・就業規則

巷では、業種、規模でだいたい就業規則の内容が決まるみたいなことが情報発信されていますが、それだけでは働く社員にルールの発信力としても弱いのではと思わざるを得ません。

発信力が弱いというのは、結局は、社員の方たちに「好きに働いて貰ってかまいせん」と言っているのと同じです。


だからこそ『経営戦略』を中心に『就業規則』は作成すべきなのです。

理由は、簡単。
経営戦略に基づいて、「社員に求める働き方」や「目指す組織風土」も異なるからです。
この辺りが明確にしていないと、「会社側が求めている社員の働き」と、「社員が考えている働き方」とでミスマッチが起きて当たり前です。

経営戦略自体を明確に持っている会社が少ない為なのか、はなから就業規則をそのような視点から作成していないのか、全くといっても良いくらいそのような就業規則を拝見したことがありません。


結局、就業規則は、そこの経営が、会社をどうしたいのかで大きく変わってしまいます。

「にほんブログ村」に参加しています^^
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
↑ポチッと押して頂けると嬉しいですヽ(^o^)丿

続きを読む "<壱の巻>戦略・就業規則" »

2007年10月30日

<壱の巻>戦略・就業規則

巷では、業種、規模でだいたい就業規則の内容が決まるみたいなことが情報発信されていますが、それだけでは働く社員にルールの発信力としても弱いのではと思わざるを得ません。

発信力が弱いというのは、結局は、社員の方たちに「好きに働いて貰ってかまいせん」と言っているのと同じです。


だからこそ『経営戦略』を中心に『就業規則』は作成すべきなのです。

理由は、簡単。
経営戦略に基づいて、「社員に求める働き方」や「目指す組織風土」も異なるからです。
この辺りが明確にしていないと、「会社側が求めている社員の働き」と、「社員が考えている働き方」とでミスマッチが起きて当たり前です。

経営戦略自体を明確に持っている会社が少ない為なのか、はなから就業規則をそのような視点から作成していないのか、全くといっても良いくらいそのような就業規則を拝見したことがありません。


結局、就業規則は、そこの経営が、会社をどうしたいのかで大きく変わってしまいます。

「にほんブログ村」に参加しています^^
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
↑ポチッと押して頂けると嬉しいですヽ(^o^)丿

続きを読む "<壱の巻>戦略・就業規則" »

2014年03月07日

<弐の巻>助成金

奥義!財源入手の術

<◆貴方の会社に適した助成金確認してみませんか? >


08220629%E3%80%80.jpg

※助成金とは国からもらえる返済不要のお金の事。
助成金は融資とは異なり貰っても返済する必要がなく、当然利子もかかりません。

続きを読む "<弐の巻>助成金" »

2014年03月08日

<参の巻>障害年金

皆が幸せになるには、自分だけでなく、他者への思いやりが大事だと思います。
東日本大震災後の世の中もそのように変わって来ています。
そういう意味では、人を雇う側の会社としても、障害を持っている方々をも巻き込むこような価値観を、会社内で育んでいくことが、より重要になって来るのかなと思います。

そういう意味でも、私どもは「共学成長の会社経営に必要な会社と社員との関係サポート業」を営んでいるのだから、障害年金という部分から今後のあるべき会社のあるべき姿を模索していきたいと思っています。

そんな訳で、障害年金のサイトから作ってみました。
札幌障害年金相談センター
ご興味がありましたら、ぜひご覧になってみて下さい。
%E9%A4%85%E3%81%A4%E3%81%8D.jpg

続きを読む "<参の巻>障害年金" »

2014年03月31日

<その他>一人親方の特別加入

%E3%81%94%E5%A5%91%E7%B4%84%E3%81%AE%E6%B5%81%E3%82%8C.jpg

続きを読む "<その他>一人親方の特別加入" »

Copyright(C) 2016 米田社会保険労務士事務所 All rights reserved.