トップ 経営戦略・戦術

メイン

経営戦略・戦術 アーカイブ

2014年08月01日

経営戦略研究会 第1クール

<経営戦略研究会 第1クール 日程>
従業員の働きの価値が、ここ最近急激に変わって来ているように思います。
そういう意味でも従前の経営戦略のままの良いのか?今一度ご確認して頂く為にも開催することに致しました。ご参加ご希望の方はメール等で申し付けください。

会場は、毎回 当事務所の会議室にて、18時00分~19時30分の予定で開催します。

     <日付>                  <内容>

第1回 平成26年 8月20日 水曜日 / 経営戦略の必要性

第2回 平成26年 9月17日 水曜日 / 経営戦略の考え方

第3回 平成26年10月15日 水曜日 / 戦略的数値目標の考え方

第4回 平成26年11月19日 水曜日 / 経営戦略に沿った人事制度



質問等がございましたら、メール又は電話(011-748-9885)にてお問合せ下さい。


      

2014年04月08日

キャリアアップ助成金「人材育成コース」

■キャリアアップ助成金 「人材育成コース」

○概要

  有期契約労働者等に対して職業訓練を行う事業主に対して助成するものであり、
  有期契約労働者等の職業能力開発を通じたキャリアアップを目的とする。

続きを読む "キャリアアップ助成金「人材育成コース」" »

2014年04月04日

第3章 中小企業の戦略とは?「強み」 弐

「弱みを気にせず、強みを磨いていくべきだ」という言葉を良く聞きます。

確かに、全ての弱みを克服することは不可能だし、そのようなことを目指しても非効率的だ。

だが、目指す戦略上どうしても克服すべきだと判断されるものは克服すべきだ。
(そもそも目指すべき戦略が、間違っている場合もあるが・・・・・)

つまり、「克服すべき弱み」と「無視して良い弱み」とがある。

続きを読む "第3章 中小企業の戦略とは?「強み」 弐" »

2014年04月03日

第3章 中小企業の戦略とは?「強み」 壱

1、自社の「強み」は、競合・戦場によって決まる。

ただ単に、自社で「ここが強みだ」と思っていたとしても、「強み」とはあくまでも相対的なもの。

自社の強みが発揮できるポジショニングを選択すべきだ。

続きを読む "第3章 中小企業の戦略とは?「強み」 壱" »

2014年04月02日

第2章 中小企業の戦略とは?「集中」

中小企業の戦略の基本は、力を分散させず、
「選択と集中」、「一点突破」のいう言葉で表現できるように、
「自社の強み」に集中して、市場を開拓していく。
それ以外にないのではと思う。

続きを読む "第2章 中小企業の戦略とは?「集中」" »

2014年04月01日

第1章 正しい経営戦略とは?


『正しい経営戦略がなければ、いかに豊富な資産も、高い技術も、また優秀な人材さえも無力である。』

(「社長が自分と自分の会社を診断する本」 小林忠嗣著)

この「正しい経営戦略」というものが曲者だ。

何を中心に据えて、「経営戦略」を考えるかで結果は変わって来る。

自分が、売りたいものを売るのか?
お客様視線で、事業展開をしていくのか?

続きを読む "第1章 正しい経営戦略とは?" »

2014年03月31日

企業診断

※ただ今、工事中です。※




ご興味がある項目をクリックして下さい。

A、企業評価指標
B、経営管理
C、営業
D、組織
E、IT化
F、製造管理
G、事業承継
H、後継者育成

続きを読む "企業診断" »

2014年03月04日

社員の心構え7 ~会社ペース・マイペース~

%E5%BF%83%E6%A7%8B%E3%81%887%28%E4%BC%9A%E7%A4%BE%EF%BE%8D%EF%BE%9F%EF%BD%B0%EF%BD%BD%EF%BE%8F%EF%BD%B2%EF%BE%8D%EF%BE%9F%EF%BD%B0%EF%BD%BD%29.jpg

続きを読む "社員の心構え7 ~会社ペース・マイペース~" »

2013年05月06日

成長のマネジメント

『成長には戦略が必要である。
準備が必要である。
なりたいと思うことに焦点を合わせた行動が必要である。

(中略)

長期にわたる高度の成長は不健全である。
あまりに急速な成長は組織を脆弱化する。
マネジメントを不可能とする。緊張、弱点、欠陥をもたらす。
それらの緊張、弱点、欠陥のゆえに、ちょっとしたつまずきが致命傷となる。

(中略)

成長そのものを目標とすることは間違いである。
大きくなること自体に価値はない。
よい企業になることが正しい目標である。
成長そのものは虚栄でしかない。

(中略)

成長するには、変化すべきタイミングを知らなければならない。
それまでのマネジメントや組織構造では不適切なほど成長したことを教えてくれる兆候を知らなければならない。

(中略)

どの部下も準備ができていないと感じるようになる。これこそまさに変化の必要を示す兆候である。 』
(P.F.ドラッカー著 「マネジメント」 第9章マネジメントの戦略)

変化すべき時に、マネジメントの仕方や組織構造を変化できないと、ちょっとしたっことの積み重ねが大きな問題になることがある。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

続きを読む "成長のマネジメント" »

2013年04月30日

規模のマネジメント( ̄∀ ̄)

『組織が大きくなれば、その中身の大部分は外部環境から遠ざかる。

そのため、組織の生命に不可欠な栄養素を供給すべき内部機関が複雑になる。

こうして規模は複雑さを左右する。

逆に、複雑さもまた規模を左右する。

(中略)

組織には、それ以下では存続できないという最小規模の限界が産業別、市場別にある。

逆に、それを超えると、いかにマネジメントしようとも繁栄を続けられなくなるという最大規模の限度がある。

(中略)

小企業は、大企業以上に組織的かつ体系的なマネジメントを必要する。

際立った存在となる為の戦略を持たなければならない。

①小企業のマネジメントに必要とされることは、「われわれの事業は何か、何であるべきか」を問い、答えることである。

②トップマネジメントの役割を組織化することである。』
(「マネジメント」ドラッカー著「 規模のマネジメン」の章)


「問題」中心ではなく、「機会」中心に目を向けるべきである。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

続きを読む "規模のマネジメント( ̄∀ ̄)" »

2013年04月24日

成長のスピード♪


『起業家にとって一番つらいことは何だろうか。

それは、会社が成長してくると、その会社に追い付けない人が出てくることだ。

年商500万ドルくらいまではついてこられても、年商2500万ドルの規模になると、そこまで一緒に働こう、成長しようという気概のない人が出てくる。

人は良いのだろうが、成長しない。

だから、会社にはその成長度に合った優秀な人が、常に必要だ。』
(「金持ち父さんの新提言 お金がお金を生むしくみの作り方」 ロバート・キヨサキ著)

確かにそうだと思う。
売上が1000万円のときから売上3000万円至る途中で、当然のように仕事の仕方も変えることになる。

それなのに、組織としても環境の状況が変化しているのに、自身の役割も仕事の仕方も変えることが出来なかったら、古代に遺物になってしまい、瓦解することも予想される。

売上が増えたことで、増えた業務量を如何に効率良く処理できるか?
今までは違う管理の仕方をしないといけないかもしれない。
現場の人間は、現場の報告を工夫をしないといけなくなるだろう。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

続きを読む "成長のスピード♪" »

2013年04月23日

可能性は無限だ。

『Sクワドラントがある程度の成長をとげると、その後にビジネスが横ばい、もしくは下降するのは、師失敗の回数が足りないからだと述べ、それが結局、ビジネスを頓挫させてしまう要因になっている。

急速に変化する今日の世界では、リスクをとらない人こそがリスクをとっているんです。

間違いを犯すことでそこから学び、それをもとにビジネスを成長させ成功することが重要。

風を避けていていは成長しない。』
(「金持ち父さんの新提言 お金がお金を生むしくみの作り方」 ロバート・キヨサキ著)

確かに、私のビジネスも後を振り返ると失敗だらけで、でも失敗から学べることが沢山ある。

だから後悔はしていない。

私自身、昔から目指していることがありますが、必ず達成しようと思っています。
何度失敗しても!

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^


2013年04月22日

東日本大震災が「知識の変化」を促進する①

『知識労働者の帰属先は、雇用主たる組織ではなく、自らの専門領域にならざるをえなくなる。

彼らにとって、コミュニティとは自らの専門領域そのもとなっていく。 』
(P.F.ドラッカー著 「プロフェッショナルの条件」 はじめに)

この帰属意識が、更に自身の健全なセルフイメージにつながる。

帰属意識と、健全なセルフイメージは切っても切れない関係である。

そして、自身のこの専門領域に対する考えを理解してくれる仲間とのつながりが、更に自身へ自信を与え、成長していける切っ掛けを与えてくれる。


これから益々専門分野に特化しなければならないのは、どこの会社の従業員であったとしても同じだ。

たとえOLさんでもね!


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

続きを読む "東日本大震災が「知識の変化」を促進する①" »

2013年04月18日

貢献を重視する♪


『成果をあげるためには、貢献に焦点を合わせなければならない。

手元の仕事から顔をあげ、目標に目を向けなければならない。

「組織の成果に影響を与える貢献は何か」を自らに問わなければならない。

すなわち、自らの責任を中心に据えなければならない。


「どのような貢献ができるか」を自問しなければ、目標を低く設定してしまうばかりでなく、間違った目標を設定する。

何よりも、自ら行うべき貢献を狭く設定する。』
(P.F.ドラッカー著 「プロフェッショナルの条件」 Part2◎3章 貢献を重視する)


以前、或るスタッフに、大きな期待を寄せて事務所に入って貰いました。

主な仕事は、内部管理と助成金を考えていました。

特に「内部管理」を、うちの事務所に来ませんか?と誘ったときから、お願いしていました。

ところが・・・・・・

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

続きを読む "貢献を重視する♪" »

2013年04月17日

企業の目的って?(・・?)


『企業とは何かを知るためには、企業の目的から考えなければならない。

企業の目的の定義は一つしかない。

それは、顧客を創造することである。

企業とは何かを決めるのは顧客である。』
(P.F.ドラッカー著 「マネジメント」 第1章 企業の成果)


今日から、スタッフと「マネジメント」を使って読書会をスタートしました。

あはははは

「プロフェッショナルの条件」よりも難しかったみたい(^▽^)

そんな経験も、今後に活かせ欲しいと思います。


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

続きを読む "企業の目的って?(・・?)" »

2013年04月16日

自身をマネジメント^^;


『産業時代、従業員は、年を取ればとるほど待遇が良くなるという「年功序列制度」で厚遇されていた。
情報時代となった今は、年功序列制度が時代遅れとなり、ほとんどすたれかかっている。

産業時代の従業員は、長く勤めれば勤めるほど経験を積むことができた。
情報時代は、経験の長さが「負債」になりかねない。』

(「金持ち父さんの新提言 お金がお金を生むしくみの作り方」 ロバート・キヨサキ著)
金持ち父さんの新提言 お金がお金を生むしくみの作り方

以前、勤めていたスタッフに、年を重ねると「働く役割やステージ」を変えないといけないと話をしたことがある。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

続きを読む "自身をマネジメント^^;" »

2013年04月15日

人の管理って難しい(--;)

今朝、気になることがあって、久しぶりにロバキョの本を読む。

ロバキヨが、何年か前にビジネスパートナーに大金を盗まれた話をしていた件を思い出しからだ。

あれって何て書いてあったっけ?

『人間とは解らないもので、もう3、4年前のことになるけど、私たちのお金が、ビジネスパートナーに盗まれていたことがあった。

彼らは、解っていながら違法なことをした。

人からモノを盗む方法は3通りある。

一つは、今言ったように、法を犯すこと。
もう一つは、能力に欠けること、
3つめは、怠けることだ。


「違法」「無能」「怠惰」の3通りだ。


例えば横領は違法だし、能力以上の報酬を受け取ること、求められる水準未満の仕事しかしないことも、間接的にモノを盗んでいることに他ならない。

だから、私は起業家として、身の回りの人のことを常に把握していなければならない。

これは、ビジネスの中でもきわめて難しい部分ではないだろうか。

だからこそ、ビジネスパートナーが信用できる人かどうか、仕事ができるかどうかを見極めることが、非常に重要になってくる。

私もまだ勉強中の身だけど、これには常に気を配っているよ。』
(「金持ち父さんの新提言 お金がお金を生むしくみの作り方」 ロバート・キヨサキ著)

上記の3つの泥棒の件は、一般的に従業員の方々は認識していないと思う。

能力不足を放ったかし、組織に貢献しようとしない、そんな従業員は、どこの組織でも問題となる。

※ 組織に貢献しようとしない限り、本人はそんな気が無かったとしても、仕事を一生懸命やっても成果が絶対にあがらない。自己満足だけで、組織の足を引っ張るだけの存在に成り下がっていることに本人は気づかない。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

続きを読む "人の管理って難しい(--;)" »

2013年02月08日

マネジメントの定義

『マネジメントの定義は一つしかありえない。

それは、人をして何かを生み出させることである。

今後、組織の競争力はこの一点にかかっている。』
(「プロフェッショナルの条件」 P・F・ドラッカー著)

辞書で「マネジメント」の意味を調べると、
1、経営などの管理をすること。
2、経営者。管理者。とある。

これを私は読んで、こう思いました。



『自身の価値観と共存できる組織で働き、

そこで自身の専門分野に特化ができ、

そのことを応援をしてくれ、
自身の目標が達成する。

そして、そのことで組織自体の目標を達成する』

そのように人も、組織も導いていくことなんだと。

そのことで生まれて来るもの。

きっと楽しいこと、嬉しいことばかりだと思う。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

続きを読む "マネジメントの定義" »

2013年01月01日

研究開発技術系の助成金

平成25年度補正「中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業


  (ものづくり、商業・サービス)」の1次公募補助金 (全国中小企業団体中央会)〕

続きを読む "研究開発技術系の助成金" »

■特定求職者雇用開発助成金(高年齢者雇用開発特別奨励金) 〔厚生労働省〕

○概要
  雇入れ日の満年齢が65歳以上の離職者をハローワークまたは一定の有料・無料
  職業紹介事業者の紹介により、1週間の所定労働時間が20時間以上の労働者
として雇入れた事業主(1年以上継続して雇用することが確実な場合に限る)に
助成する。

続きを読む "■特定求職者雇用開発助成金(高年齢者雇用開発特別奨励金) 〔厚生労働省〕" »

2011年04月08日

キャリアアップ助成金[人材育成コ―ス]

☆この助成金の受給要件は、下記のとおりです。
本助成金(コース)は、ガイドラインに沿って、1.対象労働者に対して、下記2~4の全ての措置を実施した場合に受給することができる。

続きを読む "キャリアアップ助成金[人材育成コ―ス]" »

2011年03月31日

経営戦略以外にありません。

%E7%B5%8C%E5%96%B6%E6%88%A6%E7%95%A5%E4%BB%A5%E5%A4%96%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93%E3%80%80%E7%AB%B9.jpg
米田社会保険労務士事務所の事業は、
『共学成長の会社経営に必要な会社と社員の関係サポート業』 です。
※「共学成長の会社経営」とは、「会社と社員の物心両面の幸せを追及する経営」のこと。


☆あなたの会社も「経営診断」をしてみませんか?

 はい


☆私の注目している企業

 続きはこちら♪( ´∀`)σ次ページ



続きを読む "経営戦略以外にありません。" »

2011年03月29日

ハリウッド


%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%83%E3%83%89.jpg

続きはこちら♪( ´∀`)σ 次ページ

Calendar

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Powered by
Movable Type 3.34
Copyright(C) 2018 米田社会保険労務士事務所 All rights reserved.