トップ 社労士BLOG 経営戦略・戦術

メイン

経営戦略・戦術 アーカイブ

2014年08月30日

今後の会社と社員との関係

今は新たな関係を求められているように感じます。
「新たな関係」というと語弊があるかもしれません。

 会社自体が、今まで通りのやり方では利益を出しづらい時代になって来ました。そういう意味でも、経営者の力量や責任が問われる時代でもあると思います。
 
経営者には、会社の存続と成長を保証する経営戦略を立案し、社員を巻き込んで実現していく責任があります。
 
 そこで今までと仕事の仕方が変える必要性が出てくるかもしれません。その時に(表向きは協力的な態度を取っているくせに)社員から協力を得られない場合もあります。

 そのとき「会社と社員との関係」って、どうであるべきなのか?
健全な会社と社員との関係とは?

健全な会社と社員との関係には、
1、会社と社員との節度ある関係である。
2、会社の価値観に社員が共感出来ている。
3、仕事の中に価値を見つけること。

この3つが少なくとも必要だと思います。

続きを読む "今後の会社と社員との関係" »

2014年08月02日

今後の会社と社員との関係

今は新たな関係を求められているように感じます。
「新たな関係」というと語弊があるかもしれません。

 会社自体が、今まで通りのやり方では利益を出しづらい時代になって来ました。そういう意味でも、経営者の力量や責任が問われる時代でもあると思います。
 
経営者には、会社の存続と成長を保証する経営戦略を立案し、社員を巻き込んで実現していく責任があります。
 
 そこで今までと仕事の仕方が変える必要性が出てくるかもしれません。その時に(表向きは協力的な態度を取っているくせに)社員から協力を得られない場合もあります。

 そのとき「会社と社員との関係」って、どうであるべきなのか?
健全な会社と社員との関係とは?

健全な会社と社員との関係には、
1、会社と社員との節度ある関係である。
2、会社の価値観に社員が共感出来ている。
3、仕事の中に価値を見つけること。

この3つが少なくとも必要だと思います。

続きを読む "今後の会社と社員との関係" »

2014年04月04日

第3章 中小企業の戦略とは?「強み」 弐

「弱みを気にせず、強みを磨いていくべきだ」という言葉を良く聞きます。

確かに、全ての弱みを克服することは不可能だし、そのようなことを目指しても非効率的だ。

だが、目指す戦略上どうしても克服すべきだと判断されるものは克服すべきだ。
(そもそも目指すべき戦略が、間違っている場合もあるが・・・・・)

つまり、「克服すべき弱み」と「無視して良い弱み」とがある。

続きを読む "第3章 中小企業の戦略とは?「強み」 弐" »

2014年04月03日

第3章 中小企業の戦略とは?「強み」 壱

1、自社の「強み」は、競合・戦場によって決まる。

ただ単に、自社で「ここが強みだ」と思っていたとしても、「強み」とはあくまでも相対的なもの。

自社の強みが発揮できるポジショニングを選択すべきだ。

続きを読む "第3章 中小企業の戦略とは?「強み」 壱" »

2014年04月02日

第2章 中小企業の戦略とは?「集中」

中小企業の戦略の基本は、力を分散させず、
「選択と集中」、「一点突破」のいう言葉で表現できるように、
「自社の強み」に集中して、市場を開拓していく。
それ以外にないのではと思う。

続きを読む "第2章 中小企業の戦略とは?「集中」" »

2013年04月17日

企業の目的って?(・・?)


『企業とは何かを知るためには、企業の目的から考えなければならない。

企業の目的の定義は一つしかない。

それは、顧客を創造することである。

企業とは何かを決めるのは顧客である。』
(P.F.ドラッカー著 「マネジメント」 第1章 企業の成果)


今日から、スタッフと「マネジメント」を使って読書会をスタートしました。

あはははは

「プロフェッショナルの条件」よりも難しかったみたい(^▽^)

そんな経験も、今後に活かせ欲しいと思います。


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

続きを読む "企業の目的って?(・・?)" »

2011年03月28日

こんなもの


%E3%81%A8%E3%80%81%E6%80%9D%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93%E3%81%8B%EF%BC%9F.jpg

続きはこちら♪( ´∀`)σ 次ページ


2010年11月17日

【発迹顕本】

今までの価値観では居られないことをつくづく感じさせられる今日この頃です(--;)

私共の事務所も大きく変わる1つの転換期にいるのだと思う。

開所からもう少しで7年目に入るのですが、
3年、7年は、世間でも1つの転換期になることが多いようですが、うちの事務所もそのようです。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^


続きを読む "【発迹顕本】" »

2010年09月06日

【多角化のマネジメント】

先日、ご縁があって法政大学の大学院の方々と御食事をご一緒させていただきました。

「日本でいちばん大切にしたい会社」で有名な坂本光司教授ともお会いできました。
100906_074116.JPG
2年ほど前に出版された本ですが、未だに平積みされているベストセラー本です。
100906_074145%201.JPG
ミーハーな私は、早速、サインをば♪(^m^)

今回の集いには、老若男女問わずとはいいますが、本当に年齢幅がある集いでした。

上は70代の方も何人かいらしゃって、おまけに成功されている方達。

むむむむむ(⌒~⌒)

私も同い年のときに、ここまでエネルギッシュに学んでいるかな(ーー;)

その中、福井の同業の方がいました。

その先生は70代の女性の方でしたが、ご自分で事務所を経営していて、

お・ま・け・に

「不動産会社」と「身障者の方の為の会社」と「コンサルの会社」と「スタッフが社長を勤めているグループ」をお持ちだとか・・・・・凄すぎです(^^;)


そこでまたまた取り出してみましたドラッカーの『マネジメント』♪

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

続きを読む "【多角化のマネジメント】" »

2009年06月16日

とあるセミナーに参加して^^

「禁円経営」と題したセミナーでしたが、参加してみて一言、まだまだやるべきことが沢山あるって思いました。

講師の方には、色々と気付きを頂きまして大変にありがとうございますm(_ _)m

一番、もっと明確にしたいと思ったことですが、お客様との関係ですね。

これはもっと明確にしていくべきだと思いました。

あはっ!
何を今さらと思う方がいるかと思いますが、私が思っていることは多分別のことだと思いますよ。

ブログに書けるときが来たら、そのことについて書かせて貰おうと思います^^

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "とあるセミナーに参加して^^" »

2009年06月13日

資本主義

以前から知っているこの単語「資本主義」。

最近、この言葉をやたら聞くような気がする。

それは一昔前の、つまり「社会主義」か?「資本主義」か?と言っていたときとは違う意味合いで使われていることが多いようだ。


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "資本主義" »

2009年06月12日

知らないこと

最近、助成金のご相談が多いのですが、助成金に限らず知らないと損することは多いのでは?


そう感じる今日この頃です。


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ


続きを読む "知らないこと" »

2009年06月09日

発想の転換

歯車が噛み合わなくなった世の中


その根本は一人ひとりが変わることでは?


それは誰かがどうのって問題ではなく、学校、家庭、職場等の性に出来ず、結局は自分の責任の下に変化をし続けていかなければならない時代なのかもしれません。


とくに今は変化が激しい時代ですから^^;


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ


続きを読む "発想の転換" »

2009年04月30日

人口統計

『人口統計は運命だ』(オーギュスト・コント)

これから日本でビジネスを展開するのに欠かせない情報に人口統計があります。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "人口統計" »

2009年04月08日

「専門知識」と「リーダーシップ」

『B-Iトライアングル』

3つの柱③「リーダーシップ」

  『組織の使命は1つでなければならない。

それぞれの専門家が、自分の専門能力を中心に動くようになる。』

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "「専門知識」と「リーダーシップ」" »

2009年04月07日

「専門知識」と「チーム」

『B-Iトライアングル』

3つの柱②「チーム」


『知識社会では、専門知識が、一人ひとりの人間の、そして社会活動の中心的な資源となる。

(中略)

とはいえ、個々の専門知識はそれだけでは何も生まない。

他の専門知識と結合して、初めて生産的な存在となる。

知識社会が組織社会となるのはそのためである。

企業であれ、企業以外の組織であれ、組織の目的は、専門知識を共同の課題に向けて結合することにある。』
(「プロフェッショナルの条件」 P・F・ドラッカー著 ダイヤモンド社)


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "「専門知識」と「チーム」" »

2009年04月06日

「専門知識」と「使命」

『B-Iトライアングル』

3つの柱①「使命」


『組織が最高の仕事をするためには、そこに働く者が、自らの組織の行っていることが社会にとって不可欠の貢献であることを信念としていかなければならない。

したがって、組織は常にコミュニティを超越する。

組織の文化がコミュニティの価値と衝突するときには、組織の価値が優先する。

さもなければ、組織は貢献を果たせなくなる。』
(「プロフェッショナルの条件」 P・F・ドラッカー著 ダイヤモンド社)

皆さんの会社には、社員一人ひとりに落としこまれた『経営理念』がありますか?

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ


続きを読む "「専門知識」と「使命」" »

2009年03月21日

今、求められる経営姿勢とは?

昔、師匠と松下幸之助氏が書簡を交わした際に、松下幸之助氏に次の内容を質問したことがあります。

概略ですがご紹介。
『日本の発展途上国への経済進出は、エコノミックアニマルと呼ばれる上に、現地では悪評しきりのようです。
このような不評を買った理由はなんでしょうか?』

『発展途上国への経済支援のあり方とその理念はいかなるものであるべきでしょうか?』

「エコノミックアニマル」と呼ばれた時代がありましたが、今や・・・・

まさに大変革の時代ですよね(--;)

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ


続きを読む "今、求められる経営姿勢とは?" »

2009年03月16日

人の強みを生かす

今日は今日で反省すべきことがありました・・・・

毎日反省ですわ(--;)

だから成長できる(*^ー^)b

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "人の強みを生かす" »

2009年03月10日

「価値」と「価格」

『価格が高く不安定な時期こそ価格よりも価値に注意を払うことがますます重要になる。』
(「金持ちがますます金持ちになる理由」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "「価値」と「価格」" »

2009年02月27日

集中すること^^


『集中してやっていることが、金持ちがますます金持ちになる理由の1つだ。

中流階級の人は分散投資をし、貧しい人は社会保障を頼りにする。』
(「金持ちがますます金持ちになる理由」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ


続きを読む "集中すること^^" »

2009年02月20日

かもめ♪かもめ♪どうして貴方はかもめなの?

うちの悪代官の机に上に本が一冊(^_‐)☆

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "かもめ♪かもめ♪どうして貴方はかもめなの?" »

2009年02月19日

セミナーに参加^^

今日はうちの悪代官と番長とインターン生を引き連れてセミナーに参加しました。


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "セミナーに参加^^" »

2009年02月18日

誰と仕事をするか?

『私は、ドナルド(・トランプ)と数年間いっしょに仕事をしただけで、より良いビジネス、そしてより良い人間になることができた。

続きを読む "誰と仕事をするか?" »

2009年02月12日

プランが大事!

今日はロバキヨ読書会があり、新たにメンバー2名が参加。


今回もつくづく思いましたが、同じ本を読んでいたとしても、他人と話し合うことで色々な気付きが発見できるもんだと改めて感心しました^^


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "プランが大事!" »

2009年02月07日

ビジネスの知恵


『ウォーレン・バフェットの偉大な語録に次のようなものがある。

「私が優れた投資家でいらえるのは私がビジネスマンだからであり、

そして、私が優れたビジネスマンでいられるのは私が優れた投資家だからだ。』

(「金持ち父さんの金持ちがますます金持ちになる理由」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "ビジネスの知恵" »

2009年02月02日

人道的競争を目指す^^

『金融市場のみならず経済全体を貫く「効率性」と「不安定性」との根源的な「二律背反」』 が指摘されている。
(岩井克人 『二十一世紀の資本主義』 筑摩書房)

利益を追求するための「効率性」
その利益の影には貨幣・通貨の「不安定性」が潜んでいる。

何故、貨幣・通貨が不安定性なのか?

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ


続きを読む "人道的競争を目指す^^" »

2009年01月31日

B-Iトライアングル(3つの柱・使命)

『金持ち父さんはこう言っていた。

「ビジネスを成功させるためには、精神的な使命ビジネス上の使命の両方が必要だ。特に立ち上げ時期にはね」

(中略)

これ(使命)が最も重要な部分だと思っていたからだ。』

(金持ち父さんの投資ガイド 上級編 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)

続きを読む "B-Iトライアングル(3つの柱・使命)" »

2009年01月24日

ビジネス失敗率は?

『統計によると、新しくビジネスのうち90%は最初の五年以内に失敗する。

また、これも統計によると、生き延びた10%のうちの更に90%は次の五年に失敗する。

つまり、新しく起こされたビジネスの約99%は十年以内に失敗する。

なぜだろう?』
(金持ち父さんの起業する前に読む本 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)

ロバキヨは、その理由を6つ上げています。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "ビジネス失敗率は?" »

2009年01月23日

起業家とは?


『起業家は一つの職業であると同時に「心のあり方」でもある』

『安全よりも自由を求める気持ちが強くなった時、起業家への道が始まる。』

(金持ち父さんの起業する前に読む本 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ


続きを読む "起業家とは?" »

2009年01月19日

失敗から学ぶこと^^

学校では「失敗すること、間違えること」は「誤り、悪」だと教えるけど、でも実社会に出ると実は失敗から学ぶことが多い。

だから「失敗から学べることは素晴らしい」といいたいところです・・・

・・・・ただそれは立場によるかも。

従業員が、「失敗から学びます。だから少し失敗が多いかもしれませんが勘弁してください」と言って、失敗し続けたら解雇されますもんね、普通f^^;

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "失敗から学ぶこと^^" »

2009年01月17日

「仕事を所有」と「ビジネスを所有」の違い(--;)

『多くの起業家は「ビジネスオーナー」ではなく、「自営の起業家」だ。つまり、ビジネスを所有しているのではなく、単に仕事を所有しているにすぎない。

金持ち父さんはそのことを強調した。

「自分の名前とビジネスの名前が同じだったら、おそらくはきみは自営業者だ。

きみが働くのをやめたら収入もストップする。

顧客が会いにくるのはきみだし、何か問題があれば従業員はきみのところへ電話をかけてくる。

そのビジネスの中で一番頭がいい人、一番才能がある人、一番教育を受けている人がきみだという場合も、君は自営業者である可能性が強い。」

金持ち父さんは何も自営業者が悪いと言っていたわけではない。』
(「金持ち父さんの起業する前に読む本」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房 より)

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "「仕事を所有」と「ビジネスを所有」の違い(--;)" »

2009年01月16日

起業家にも種類がある(--;)

一言でビジネスといって、色々な種類があると思います。
その種類って、ビジネスに対する考え方、見方などビジネスの主体に応じてって意味です。


『きみたちがやるべきことは、自分がどのタイプの起業家になりたいか見極めることだ。

つまり、ベビーシッターのような起業家になりたいか、或いはヘンリー・フォードのような起業家になりたいかを決めることだ。

どちらの起業家も、価値のある製品やサービスを提供している。

顧客にとってはどちらの起業家も大事だ。

とは言っても、その活動の場はまったく違う。

起業家としての仕事の守備範囲がまったく違うんだ。

いろいろなタイプの起業家の違いをフットボールにたとえるなら、空き地で仲間とお遊びでやるフットボールトハイスクールのフットボール、大学のフットボール、プロのフットボールなどの違いと言っていいだろう。

(中略)

それは精神的な違いだった。

プロの選手には偉大なフットボールプレーヤーにふさわしい情熱と願望、そして持って生れた才能があった。

あの日、私が学んだ教えは、確かに私達は同じゲームをしていたが、まったく違うレベルでやっていたというこだ。

ビジネスの世界や起業家たちのゲームでも同じことが言える。

私達は誰でも起業家になれる。

起業家になること自体はそんなに大したことではない。

ビジネスの設計図を描くとき、自分に聞くべきことはもっと他にある。

それは、「私はどのレベルのでこのゲームをやりたいのか?」ということだ。』

続きを読む "起業家にも種類がある(--;)" »

2009年01月15日

新たな時代に向けて

私が会員になっている勉強会のHPコラムに次のような内容が掲載されていました。

 『1、市場規模がどこまで縮小するのか?

2、事業資金、投資資金は調達できるのか?

3、意欲と能力の高い人財の確保は可能か?

嵐(世界同時不況)の去った後には、整備、復興に向けたニーズが高まります。

このビジネスチャンスをつかみそこなうことのないように、あらゆる方向にアンテナを張り巡らせることが肝要です。

』 と。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "新たな時代に向けて" »

2009年01月14日

「情の資本主義 めざせ」(b^-゜)

読売新聞に「大波乱に立ち向かう」ってコーナーがあります。

最終回に中曽根康弘さんが登場。

私は、個人的には主義主張に賛同できるできないは別として、この人は「政治家らしい政治家」さんやなぁ~て思います。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "「情の資本主義 めざせ」(b^-゜)" »

2009年01月13日

高給取りの仕事はどんどん減っていく(--;)

最近の世情からいっても明らか!
誰もハッキリ言わないけれど、それは当然のこととなった!

産業時代の親から子供へのアドバイス
「学校でいい成績を取って、いい会社へ勤めなさい。そして昇給していい給料を貰いなさい。」

今もそうなら何て楽な時代なんだろうと思う。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "高給取りの仕事はどんどん減っていく(--;)" »

2009年01月12日

「お金を稼ぐこと」と「お金を持ち続けること」

【貯金ではお金持ちにはなれない!】

確かに!

以前書いた通り、『100万ドルを稼ぎ出すには、毎月800ドルを30年間貯め続けたとしても、成功率は150万分の1』です。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "「お金を稼ぐこと」と「お金を持ち続けること」" »

2009年01月08日

知性を高め、単純なプランを作る^^v

以前にも書いたことがありますが、私は「気付き」が大好きです。

なのでより刺激を求め色んな本を読んだり、そのことを実践してみたりします。

そうすると今まで気付かなかったことを気付けたりします。

それがたまらないです(b^-゜)
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "知性を高め、単純なプランを作る^^v" »

2009年01月07日

共存共栄は、もう当たり前っすよ^^v

先日、読売新聞に「大波乱に立ち向かう」ってシリーズの中で、
国際政治学者のジョセフ・ナイさんって方の話が載ってました。

『私は世界が「ポスト・アメリカ」へ向かっていると思わない。
むしろ、「アメリカ以外の国々の台頭」の時代が来たととらえたい。

つまり、米国は今後も、最も力のある国であり続ける。

だが、他国もそれぞれ力をつけてきているので、多極化現象がもっと、
特に経済分野で起きて来るという意味だ。』

それを読んで、ふ~んて思いました。

今までは強いアメリカ。世界をリードするアメリカ。ハードパワーのアメリカ。

そんなイメージでしたが、もう明らかに時代が変化している思いました。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "共存共栄は、もう当たり前っすよ^^v" »

2009年01月06日

認識を変える(^^)v

私は「気付き」が大好きです(*^^*)

「新しい気付き」が落ちると興奮して眠れませんo(^-^)o

『時にはほんの1オンスのわずかな認識を変えるのに、1トンもの莫大な量の教育が必要なことがあります。』 
(「金持ち父さんの子供はみんな天才」ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ


続きを読む "認識を変える(^^)v" »

2009年01月04日

人それぞれの学び方がある^^

皆さんは、IQって知っていますか?

は~い!「知能指数」のことです(^^)/

では「知能指数」って?

多くの人は、「頭のいい数値のこと」って思っていらっしゃるのでは?

確かに・・・・・・

でもちょっと違うんだな!もし!(笑)
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "人それぞれの学び方がある^^" »

時代に適応するスピード(*^-^)b

産業時代から情報時代に入って、情報の量がはんぱじゃないです。

殊に最近の情報は異常な早さで変化しています。

それに伴って私たちの価値観も変化させなければ、
時代に適応できず政府や周りから援助を受けなければ生活できないことになるのでは?

最近、ロバート・キヨサキの本を読んでいます。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "時代に適応するスピード(*^-^)b" »

2009年01月01日

目標設定(’-^*)/

明けましておめでとうございます。
お正月気分って最近全然感じない日々を送ってます(^^;)

朝、六時に起きて本読んだり、目標設定して行動計画を立てたり、
さすがに「考える」時間が沢山あり過ぎてあっちこっち行ったり来たり
しながら自分なりに楽しんで居ます(*^^*)

目標設定を「ビジネス計画マンダラ」に落とし込んで昨日完了し、更に細かい内容を吟味している最中です。

そんな中で、去年にはあまり考えていなかった要素を今年は常に意識して行きたいと思います。
それは「B-Iトライアングル」って考え方です。
これは「金持ち父さん 貧乏父さん」で有名なロバート・キヨサキさんの本の中で出てくる話です。
(詳しくは「金持ち父さんの投資ガイド 上級編」をお読み下さい。)

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ


続きを読む "目標設定(’-^*)/" »

2008年12月23日

「経済的収入」と「心理的収入」

「経済的収入」?

「心理的収入」?

て思われた方はいるのでは?


普通、あまり使われない言葉だから。

でも説明を聞くと「なんだ!そんなことだぁv(^-^)v」


説明を受けて解るってことと、必要だと思うってことと、実際にやっているとでは雲泥の差があります。

私の私見ですが、これからの会社経営には欠かせないことだと思いますよ(*^-^)b

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "「経済的収入」と「心理的収入」" »

2008年11月28日

なるほど!って感じました。

うちのスタッフが、出先の帰りにプリンを買って来てくれました。

実は、私はかなりの甘党です♪

続きを読む "なるほど!って感じました。" »

2008年11月27日

私の読書ノート(球場のビールはなぜ800円でも売れるのか①)

会社の弱みには二種類あります。

続きを読む "私の読書ノート(球場のビールはなぜ800円でも売れるのか①)" »

2008年11月25日

私の読書ノート(一回のお客を一生の顧客にする法⑦)

貴方には行きつけのお店がありますか?

何故、そのお店へ行くのですか?

続きを読む "私の読書ノート(一回のお客を一生の顧客にする法⑦)" »

2008年11月24日

ふ~む。米田、思わずうなりました。

今日、ひょんなことで事務所へ来たスタッフを捕まえて、迎えの居酒屋へ行って来ました。

そこで米田はうなりました。

どうせ米田がうなることなんだから大したことないかぁ~(笑)

続きを読む "ふ~む。米田、思わずうなりました。" »

2008年11月22日

私の読書ノート⑥(一回のお客を一生の顧客にする方)

『スマイルではなくシステムを』

続きを読む "私の読書ノート⑥(一回のお客を一生の顧客にする方)" »

2008年11月20日

私の読書ノート⑤(一回のお客を一生の顧客にする法)

笑顔はサービスの一部であっても、サービスの本体ではない。

そんなの知っているよ!(笑)

でも・・・

続きを読む "私の読書ノート⑤(一回のお客を一生の顧客にする法)" »

2007年11月17日

奥義!錬金の術 ~人的資産管理~

適正検査

誰がどのよな職種に向いてるかを知るのは大切な事です。
社員は宝です。その宝も向いてない職種では輝きません。
人には向き不向きがあります。向いているものを伸ばしていくことで、人も会社もより輝いて行くのです。
当事務所が導入した適正検査を格安で提供しています。おひとり様からお受けできますのでお気軽にお申込み下さい。


社員教育

人材の適性を知り、適所へ配置してもそれだけで人員が向上するわけではありません。
原石を金にするか石ころにするかは磨き方によるのです。
より使える人材に育てあげるために重要なのが社員教育です。
では何を導入しよう?どのセミナーが良いのだろう?とお悩みの方へ適切なアドバイスをさせて頂きます。
社員教育のプログラムを色々試し、常に念頭においているからこそ、
貴方の会社にも役立つ情報を提供できるのです。
尚、助成金の対象となるものもありますので、ご相談下さい。


人事評価制度

磨いていく過程で重要なことは、どこまで磨かれたかをその都度確認する作業です。
過程を明白にしていくのが、人事評価なのです。
各業種別に人事評価は変わります。
業種別人事評価を元に貴方の会社に即した人事評価を作成する事をお勧めします。
当事務所ではそのお手伝いをさせて頂きます。




続きを読む "奥義!錬金の術 ~人的資産管理~" »

Calendar

2016年06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Powered by
Movable Type 3.34
Copyright(C) 2016 米田社会保険労務士事務所 All rights reserved.