トップ 社労士BLOG 私の読書ノート

メイン

私の読書ノート アーカイブ

2014年10月14日

感動分岐点を超えたとき、人も経営も変わる

女性初の樹木医でありながら、はままつフラワーパーク、あしかがフラワーパークの再建に尽力を尽くし注目すべき成果をあげている塚本こなみ氏。万事入精の言葉通り、目にはみえない樹木や物の命を大切にする日々の仕事の積み重ねが、いま大きな花を咲かせている。

続きを読む "感動分岐点を超えたとき、人も経営も変わる" »

我、経営に完全燃焼せん

建築仕上塗剤の分野で国内シェアナンバーワンを誇り、アジア市場でも存在感を示すエスケー化研。戦後の創造期から約60年に渡りその陣頭指揮をとり続けるのが藤井實氏、81歳である。あらゆる局面において誠心誠意、経営に身を捧げた氏の万事入精の歩みとは。

続きを読む "我、経営に完全燃焼せん" »

2014年09月30日

武家の娘の心得

明治生まれの祖母の薫陶を受け育った文筆家の石川真理子さん。元米沢藩士の家に生まれた祖母から受け継いだ武家の娘の心得や日本人の誇るべき精神は、まさしく、万事入精の心に通じるものであった。

続きを読む "武家の娘の心得" »

2014年09月25日

老ひてこそ味わいふかし友の味

百七歳の声楽家・嘉納愛子さんと九十三歳の副住職・西端春枝さん。
長い人生の山坂を越え、いまなお歩み続ける二人を支えるものはなにか。
 現役で東京音楽学校(現・東京芸術大学)へ入学し、ピアノは8時間、歌は3時間必死に練習し忙しい学生時代を送っていた嘉納さん。あるとき、知り合いの縁で作曲家・山田耕筰の門下生となり、レッスンを積みながら演奏旅行にも同行していた。「詩の心を聴衆にわかるように伝えなさい。歌ってはいけません。語るように歌うのです」。情景を思い浮かべてその気持ちになって歌うことが大事だと何度も教えてもらったという。生きている限り、それを忠実に次の世代に伝えていきたい。後世に受け継いでもらうのが、師匠の恩に報いることだと確信している、と嘉納さん。

「にほんブログ村」に参加しています^^
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
↑ポチッと押して頂けると嬉しいですヽ(^o^)丿

続きを読む "老ひてこそ味わいふかし友の味" »

2014年09月18日

画家中川一政の歩いた道

中川一政。洋画、水墨画、版画、陶芸、詩作、和歌、随筆、書など多彩な作品をすべて独学で手がけた画家である。平成3年に97歳で亡くなるまで生涯現役を貫き、その作品は年齢を重ねる度勢いを増し、画家としてのその生き様は正に一刹那正念場を体現したものであった。

続きを読む "画家中川一政の歩いた道" »

2014年09月10日

かくて全国連覇の強豪高校は生まれた

高校女子バスケットボール界前人未到の54度の全国優勝記録を誇る桜花学園高等学校の井上眞一監督。一方、高校女子バレーボール界で5度の優勝を果たし、多くの日本代表選手を輩出している下北沢成徳高等学校の小川良樹監督。
競技は違えど、全国屈指の強豪へと導き世界で戦える選手を育てた名将の指導方法とは。

続きを読む "かくて全国連覇の強豪高校は生まれた" »

2014年09月04日

トイレに本は常駐させています^^

事務所のトイレには、神田昌典さんの「全脳思考」を置いてます。

1年ぐらい前に読んだ本ですが、今、再度読む必要があるんだろうぁって思って、トイレにこもる時は「ふむふむ」と読んでします。

そこで!

私、ふと自分の中で落ちたものがありました。

続きを読む "トイレに本は常駐させています^^" »

2014年09月03日

81歳、我なお命の炎を燃やさん

80歳にしてエベレスト登頂を達成した冒険家の三浦雄一郎。65歳から登頂のためのトレーニングを始め、心臓病を抱えながらもなぜ彼はエベレストへ登ろうと思ったのだろうか。
「にほんブログ村」に参加しています^^
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
↑ポチッと押して頂けると嬉しいですヽ(^o^)丿

続きを読む "81歳、我なお命の炎を燃やさん" »

2014年04月03日

第3章 中小企業の戦略とは?「強み」 壱

1、自社の「強み」は、競合・戦場によって決まる。

ただ単に、自社で「ここが強みだ」と思っていたとしても、「強み」とはあくまでも相対的なもの。

自社の強みが発揮できるポジショニングを選択すべきだ。

続きを読む "第3章 中小企業の戦略とは?「強み」 壱" »

2014年04月02日

第2章 中小企業の戦略とは?「集中」

中小企業の戦略の基本は、力を分散させず、
「選択と集中」、「一点突破」のいう言葉で表現できるように、
「自社の強み」に集中して、市場を開拓していく。
それ以外にないのではと思う。

続きを読む "第2章 中小企業の戦略とは?「集中」" »

2014年04月01日

第1章 正しい経営戦略とは?


『正しい経営戦略がなければ、いかに豊富な資産も、高い技術も、また優秀な人材さえも無力である。』

(「社長が自分と自分の会社を診断する本」 小林忠嗣著)

この「正しい経営戦略」というものが曲者だ。

何を中心に据えて、「経営戦略」を考えるかで結果は変わって来る。

自分が、売りたいものを売るのか?
お客様視線で、事業展開をしていくのか?

続きを読む "第1章 正しい経営戦略とは?" »

2013年04月30日

規模のマネジメント( ̄∀ ̄)

『組織が大きくなれば、その中身の大部分は外部環境から遠ざかる。

そのため、組織の生命に不可欠な栄養素を供給すべき内部機関が複雑になる。

こうして規模は複雑さを左右する。

逆に、複雑さもまた規模を左右する。

(中略)

組織には、それ以下では存続できないという最小規模の限界が産業別、市場別にある。

逆に、それを超えると、いかにマネジメントしようとも繁栄を続けられなくなるという最大規模の限度がある。

(中略)

小企業は、大企業以上に組織的かつ体系的なマネジメントを必要する。

際立った存在となる為の戦略を持たなければならない。

①小企業のマネジメントに必要とされることは、「われわれの事業は何か、何であるべきか」を問い、答えることである。

②トップマネジメントの役割を組織化することである。』
(「マネジメント」ドラッカー著「 規模のマネジメン」の章)


「問題」中心ではなく、「機会」中心に目を向けるべきである。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

続きを読む "規模のマネジメント( ̄∀ ̄)" »

2013年04月24日

成長のスピード♪


『起業家にとって一番つらいことは何だろうか。

それは、会社が成長してくると、その会社に追い付けない人が出てくることだ。

年商500万ドルくらいまではついてこられても、年商2500万ドルの規模になると、そこまで一緒に働こう、成長しようという気概のない人が出てくる。

人は良いのだろうが、成長しない。

だから、会社にはその成長度に合った優秀な人が、常に必要だ。』
(「金持ち父さんの新提言 お金がお金を生むしくみの作り方」 ロバート・キヨサキ著)

確かにそうだと思う。
売上が1000万円のときから売上3000万円至る途中で、当然のように仕事の仕方も変えることになる。

それなのに、組織としても環境の状況が変化しているのに、自身の役割も仕事の仕方も変えることが出来なかったら、古代に遺物になってしまい、瓦解することも予想される。

売上が増えたことで、増えた業務量を如何に効率良く処理できるか?
今までは違う管理の仕方をしないといけないかもしれない。
現場の人間は、現場の報告を工夫をしないといけなくなるだろう。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

続きを読む "成長のスピード♪" »

2013年04月23日

可能性は無限だ。

『Sクワドラントがある程度の成長をとげると、その後にビジネスが横ばい、もしくは下降するのは、師失敗の回数が足りないからだと述べ、それが結局、ビジネスを頓挫させてしまう要因になっている。

急速に変化する今日の世界では、リスクをとらない人こそがリスクをとっているんです。

間違いを犯すことでそこから学び、それをもとにビジネスを成長させ成功することが重要。

風を避けていていは成長しない。』
(「金持ち父さんの新提言 お金がお金を生むしくみの作り方」 ロバート・キヨサキ著)

確かに、私のビジネスも後を振り返ると失敗だらけで、でも失敗から学べることが沢山ある。

だから後悔はしていない。

私自身、昔から目指していることがありますが、必ず達成しようと思っています。
何度失敗しても!

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^


2013年04月22日

東日本大震災が「知識の変化」を促進する①

『知識労働者の帰属先は、雇用主たる組織ではなく、自らの専門領域にならざるをえなくなる。

彼らにとって、コミュニティとは自らの専門領域そのもとなっていく。 』
(P.F.ドラッカー著 「プロフェッショナルの条件」 はじめに)

この帰属意識が、更に自身の健全なセルフイメージにつながる。

帰属意識と、健全なセルフイメージは切っても切れない関係である。

そして、自身のこの専門領域に対する考えを理解してくれる仲間とのつながりが、更に自身へ自信を与え、成長していける切っ掛けを与えてくれる。


これから益々専門分野に特化しなければならないのは、どこの会社の従業員であったとしても同じだ。

たとえOLさんでもね!


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

続きを読む "東日本大震災が「知識の変化」を促進する①" »

2013年04月18日

貢献を重視する♪


『成果をあげるためには、貢献に焦点を合わせなければならない。

手元の仕事から顔をあげ、目標に目を向けなければならない。

「組織の成果に影響を与える貢献は何か」を自らに問わなければならない。

すなわち、自らの責任を中心に据えなければならない。


「どのような貢献ができるか」を自問しなければ、目標を低く設定してしまうばかりでなく、間違った目標を設定する。

何よりも、自ら行うべき貢献を狭く設定する。』
(P.F.ドラッカー著 「プロフェッショナルの条件」 Part2◎3章 貢献を重視する)


以前、或るスタッフに、大きな期待を寄せて事務所に入って貰いました。

主な仕事は、内部管理と助成金を考えていました。

特に「内部管理」を、うちの事務所に来ませんか?と誘ったときから、お願いしていました。

ところが・・・・・・

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

続きを読む "貢献を重視する♪" »

2013年04月17日

企業の目的って?(・・?)


『企業とは何かを知るためには、企業の目的から考えなければならない。

企業の目的の定義は一つしかない。

それは、顧客を創造することである。

企業とは何かを決めるのは顧客である。』
(P.F.ドラッカー著 「マネジメント」 第1章 企業の成果)


今日から、スタッフと「マネジメント」を使って読書会をスタートしました。

あはははは

「プロフェッショナルの条件」よりも難しかったみたい(^▽^)

そんな経験も、今後に活かせ欲しいと思います。


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

続きを読む "企業の目的って?(・・?)" »

2013年04月16日

自身をマネジメント^^;


『産業時代、従業員は、年を取ればとるほど待遇が良くなるという「年功序列制度」で厚遇されていた。
情報時代となった今は、年功序列制度が時代遅れとなり、ほとんどすたれかかっている。

産業時代の従業員は、長く勤めれば勤めるほど経験を積むことができた。
情報時代は、経験の長さが「負債」になりかねない。』

(「金持ち父さんの新提言 お金がお金を生むしくみの作り方」 ロバート・キヨサキ著)
金持ち父さんの新提言 お金がお金を生むしくみの作り方

以前、勤めていたスタッフに、年を重ねると「働く役割やステージ」を変えないといけないと話をしたことがある。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

続きを読む "自身をマネジメント^^;" »

2013年04月15日

人の管理って難しい(--;)

今朝、気になることがあって、久しぶりにロバキョの本を読む。

ロバキヨが、何年か前にビジネスパートナーに大金を盗まれた話をしていた件を思い出しからだ。

あれって何て書いてあったっけ?

『人間とは解らないもので、もう3、4年前のことになるけど、私たちのお金が、ビジネスパートナーに盗まれていたことがあった。

彼らは、解っていながら違法なことをした。

人からモノを盗む方法は3通りある。

一つは、今言ったように、法を犯すこと。
もう一つは、能力に欠けること、
3つめは、怠けることだ。


「違法」「無能」「怠惰」の3通りだ。


例えば横領は違法だし、能力以上の報酬を受け取ること、求められる水準未満の仕事しかしないことも、間接的にモノを盗んでいることに他ならない。

だから、私は起業家として、身の回りの人のことを常に把握していなければならない。

これは、ビジネスの中でもきわめて難しい部分ではないだろうか。

だからこそ、ビジネスパートナーが信用できる人かどうか、仕事ができるかどうかを見極めることが、非常に重要になってくる。

私もまだ勉強中の身だけど、これには常に気を配っているよ。』
(「金持ち父さんの新提言 お金がお金を生むしくみの作り方」 ロバート・キヨサキ著)

上記の3つの泥棒の件は、一般的に従業員の方々は認識していないと思う。

能力不足を放ったかし、組織に貢献しようとしない、そんな従業員は、どこの組織でも問題となる。

※ 組織に貢献しようとしない限り、本人はそんな気が無かったとしても、仕事を一生懸命やっても成果が絶対にあがらない。自己満足だけで、組織の足を引っ張るだけの存在に成り下がっていることに本人は気づかない。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

続きを読む "人の管理って難しい(--;)" »

2013年02月08日

マネジメントの定義

『マネジメントの定義は一つしかありえない。

それは、人をして何かを生み出させることである。

今後、組織の競争力はこの一点にかかっている。』
(「プロフェッショナルの条件」 P・F・ドラッカー著)

辞書で「マネジメント」の意味を調べると、
1、経営などの管理をすること。
2、経営者。管理者。とある。

これを私は読んで、こう思いました。



『自身の価値観と共存できる組織で働き、

そこで自身の専門分野に特化ができ、

そのことを応援をしてくれ、
自身の目標が達成する。

そして、そのことで組織自体の目標を達成する』

そのように人も、組織も導いていくことなんだと。

そのことで生まれて来るもの。

きっと楽しいこと、嬉しいことばかりだと思う。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

続きを読む "マネジメントの定義" »

2011年01月31日

論語とノムさん

最近、何だか本が読めないでいます。

ん~~多分に気持ちに余裕がないからでしょうね。

人は、ほんの少しでもボーとする時間がないと力が出ないもんですね(ーー;)

そんな中でも読んだ本はこれです。
110202_084908.jpg
ノムさん、わりかし好きです^^


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^


続きを読む "論語とノムさん" »

2011年01月13日

【創業期から成長期への組織風土の変化】

先日、創業期から成長期へ組織が変わるタイミングの話をさせて頂きました。

外部・内部からの要求があれば、【成長期の組織】へと変われるか?

この「創業期から成長期への組織の変化」は、いわば動物でいえば「進化」を意味するのに近いのかもしれません。

はたまた「変態」(青虫から蝶々へ変化する)と表現した方がいいかもしれません。

組織は同じでも、別物のごとくなるってことです。

何が別物かというと、それは経営者や社員の意識、そして会社の仕組み、経営戦略も当然に変わるでしょう。

でも

この変化は、なかなか難しいことです。

その一例が、「坂の上の雲」を通して、お話をしたいと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

続きを読む "【創業期から成長期への組織風土の変化】" »

2011年01月05日

技術・戦術・戦略の縦分けをするの段

今日も「坂の上の雲」を読んでいます。

まだ2巻の「渡米の章」を読み終えたところです。

さてはて、今日読んでいて自分の中で明確になったところがあったので、そのことを記したいと思います。

他の人に言わせるとそんなこと当たり前だよ、と思われると思いますが・・・笑

自分が事務所の中で考えていたことは、大きな視点言えば「戦術」であり、小さな視点で言えば「戦略」だということが分かったって話です。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^


続きを読む "技術・戦術・戦略の縦分けをするの段" »

2010年12月22日

【心身ともに鍛える戦略】

今日も飽きずに「坂の上の雲」を読んでいます。

NHKのドラマでは正岡子規が亡くなったようです。

あまり正岡子規の本を読んだことがありませんでしたが、死ぬ直前まで戦った生き様には感動し、今度買って読んでみようと思います。

私も闘病生活をしていたことがありますが、なかなか心が折れやすいものです(ーー;)

さてさて

では早速ですが、

1、 『「ドイツ陸軍は」とメッケルはいう。
(中略)
(普仏戦争でフランスに勝った)ドイツがフランスよりもはるかに優れていたのは、各級指揮官の能力である。
指揮官の能力は、固有のものではない。
(中略)
操典の良否によるもだ。
よき操典で心身ともに訓練されつくした指揮官は、悪しき操典で動かざるをえぬ軍隊に負けるはづがない。』

(司馬遼太郎著「坂の上の雲」海軍兵学校の章)

%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%AB.jpg
メッケル

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^


続きを読む "【心身ともに鍛える戦略】" »

2010年12月14日

【徳川三百年に学ぶ会社経営】

NHKで今月から「坂の上の雲 第2部」が始まったようですね^^

私は、坂の上の雲の小説を読んで、すっかりはまっています。

先日、苫小牧へ出張へ行った際にも、ちょっと寄った本屋さんでまたまた購入。
PAP_0067.JPG


本屋へ行くたびにNHKのガイドを買おうかどうするか珍しく迷っています(ーー;)


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^


続きを読む "【徳川三百年に学ぶ会社経営】" »

2010年12月06日

【針鼠の戦略】

皆さん、ハリネズミって知っていますか?

こんなのです。
hog3.jpg
可愛いじゃないか^^

ハリネズミは、まだ日本では広く飼育されていませんが、アメリカとかでは古くからペットとして飼育されているようです。

ねずみとは言ってもネズミの仲間ではなく、モグラの仲間です。
私はねずみが嫌い(><)

可愛いらしい顔立ちの針ねずみは決して攻撃的ではなく、脅かさずに優しく接すれば、針を立てることもなく(笑)、素手で抱き上げることもできるとか^^

では狐(きつね)は?
こんなのだよ!
87b150939d20ae6c0833bcb1cd907897.jpg


ハリネズミと来て、狐と来たら、あれでしょ?

そうあれです!

今日は、タイトルの通り「あれ」の話です。

アイザイア・バーリン著「針鼠と狐」

貴方は狐型ですか?

それとも針鼠型ですか?

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^


続きを読む "【針鼠の戦略】" »

2010年11月26日

【適切な人材こそ人財】

先日、以前から読みたいと思っていた本を購入。

ぷふふふふ(^m^)

その本は「ビジョナリー・カンパニー②飛躍の法則」(ジェームズ・C・コリンズ著 日経BP社)です!
PAP_0066.JPG


まだ読んでいる最中ですが、「そっ!その通り!」と相槌を打ちたくなった一文が何個もあります。

1、まずはその内の一つがこれです。
『「人材こそがもっとも重要な資産だ」という格言は間違っていた。

人材が最重要の資産なのではない。

適切な人材こそがもっとも重要な資産なのだ。』 (ビジョナリー・カンパニー②飛躍の法則 第1章時代を超えた成功の法則)


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^


続きを読む "【適切な人材こそ人財】" »

2010年11月08日

【ビジネスはチームスポーツ】

先週の金曜日、お世話になっている社長から色々と御指導を頂きました。

私にとっては師匠みたいな方です。

その方が言うには、

「米田君の事務所は、まだまだ組織になっていないね」と。

そう言われてそれなりにショックでした(ーー;)

「直ぐにでもやりなさい」とアドバイスをして頂いたことは、

「片腕を育てなさい!NO2を雇う為に、直ぐにでも求人をかけなさい」ということです。

そうだよね!と納得しました。

やっぱりNO.2は必要だね!

アドバイス通り来週月曜日にでも早速求人をかけよう!(b^-゜)


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^


続きを読む "【ビジネスはチームスポーツ】" »

2010年10月18日

【ライフプランに投資する】 

自分の仕事のプランだけでなく、ライフプランもちょこちょこ作っています。

作っては修整をして、また見直して。

経営に事業計画が必要なのと同じように、自分の人生にもライフプランは必要だと思います。

なので

プライベートの老後の生活を現実的に考える必要性に迫られたということもあって、更に最近は具体的になってきました。

プランには3つあるとは、「金持ち父さんの投資ガイド 入門編」(ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)

%E6%8A%95%E8%B3%87%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E5%85%A5%E9%96%80%E7%B7%A8.jpg

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^


続きを読む "【ライフプランに投資する】 " »

2010年10月09日

【仕事の組織化マネジメント】

うちの嫁からのプレゼント♪
PAP_0056.JPG


この本を最近はどこへ行くときにでもカバンに忍ばせながら持ち歩いています。


トイレにも。


お陰で「トイレが長い」と苦情が入るときもあります(笑)


そしてトイレで読んでたときに


こ こ これはぁ~~!!!!!


キラリン♪


目が覚めるような一節に出会ってしまった!


この一節に暫らく夢中になりそうです

むふふふふふっ(^m^)


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^


続きを読む "【仕事の組織化マネジメント】" »

2010年09月29日

【超・多角化のマネジメント】

私が考えていた拡大は

①「社労士事務所の部署拡大・増設による売上拡大」、
②「多角化」

の二本でした。

まんまとローレライに魅了されては見えなくなるものがあるのでは?

恋は人を盲目にしますから・・・いけないけない(;▽;)

そこで(慎重な)私は石橋を叩きに叩きました。

叩きすぎで石橋は壊れました。

そして、別の石橋を前回以上に叩きました。

するとさっきよりもあっけなく石橋が簡単に崩れていきます。

(そりゃそうか?笑)

そして次のも・・・

なんだか石橋を叩くのも飽きて来ました。

すると今まで以上に使いやすい金槌を手に入れました(・0・)ノ

そんな訳で石橋叩きを再開しました。

あははははははは

バコバコ バコバコ バコバコ

ガラガラガラガラ

あはははははは

これ面白い♪

パコパコ パコパコ パコパコ

がらがら がっしゃん

簡単に石橋が壊れて行きます♪

でも叩いても叩いても自分の中で納得できません。

飽き足らず叩き続けました。

すると1つだけ壊れなかった石橋があるではありませんか?

この橋なら渡れそう♪(*^0^*)/♪

そして、その石橋を渡ることにしました!


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

続きを読む "【超・多角化のマネジメント】" »

2010年09月15日

【成長のマネジメント】

先日、畑仕事をして来ました。

子供の頃には家に畑があったので、ちょっとお手伝い(?)をしていたもんです^^

これが収穫したサツマイモ♪(かぼちゃは私ではありません 笑)
%E3%81%95%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%84%E3%82%82.JPG
画像だと解りづらいと思いますが、もぎたてのサツマイモの色はとても綺麗な紫(*^0^*)/♪

田舎で、ゆったりとした週末を送らせていただきました。
%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%B3.JPG
%E5%A4%95%E6%97%A5.JPG
最近、イライラすることが多かったのでリフレッシュ♪リフレッシュ週末♪

仕事が、急激に増加したことがイライラの原因の1つ。

でも原因はそれだけでもないんですよね(ーー;)

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

続きを読む "【成長のマネジメント】" »

2010年08月26日

【規模のマネジメント 】

以前、50人近く人を雇われている或る社長さんへこんな質問したことがあります。

「一番、利益があったときは何人ぐらいを雇っていたときですか?」

その社長さんは「6、7人ぐらいのときかな」


重ねて「その次に利益があったときは何人ぐらいですか?」と質問しました。


私の予想を裏切って「ん~12,13人のときだね」と。


私は10人前後をいうのかなって思っていたのですが、なるほど組織って面白いもんです^^♪

そこでドラッカーの「マネジメント」を取り出してみました。


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

続きを読む "【規模のマネジメント 】" »

2010年08月17日

マネジメント

私は最近、ドラッカーとやらの「マネジメント」って本を読んでいます^^


これまた一言一言重みのある言葉の連続ですわ♪


私はそんな本が大好物だす(*^▽^*)

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

続きを読む "マネジメント" »

2010年07月14日

思考パターン

自分自身振り返ってみて、自己満足という「一時的な心理的調整期」が多いと思う。


掲げた目標を達成し、次への目標を掲げるその間。


多分、今年も色々な考えを取り入れて、自分自身納得していくだろう。


そして、実践してみる。


今年は色んなセミナーに参加しなくちゃ(*^ー’)b


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^


続きを読む "思考パターン" »

2010年07月05日

今、司馬遼太郎の「坂の上の雲」の最終巻を読んでいます。

面白いだす!

おまけに色々と勉強になるっす♪(*^-’)b

最近のヒットの話が「運」についてだよ。


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

続きを読む "運" »

2010年06月18日

歴史に学ぶ 

先日、とある会社社長と話し。
「近いうちに今まで長く勤めたくれた事務員が家庭の事情で退社することになりました。
その代わりの職員を採用をしようとしたんですが、なかなかいい子がいなくて・・・」と。

聞けば退職する事務員の方は随分能力が高いようで、1人で3人分の仕事をこなしているようです。

米「それでは代わりの入る人は、なかなか見つからないのでは?」

勿論、会社側でもそんな高望みはしていないようで、今まで一人でやっていたものをパートも入れて3、4人でこなせないか?と求人を出していたようです。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^


問題は、求職に来る人たちのやる気が一番の問題のようです。

最初はパートで、その後正社員へ転換しますよって提案をしても、パートのままでいいという人ばかりだというのです(ーー;)

パートという言葉が持つ意味を勝手解釈して、難易度も低い、責任が軽い職だと受け止めて面接に来ていると嘆いてました。

それは私も実感するところです。

続きを読む "歴史に学ぶ " »

2010年06月04日

歴史に学ぶ 司馬遼太郎の『坂の上の雲』編その4

ふと「常識」って何だろう?て思って辞書を引いてみた。

「常識」とは、社会の構成員が有していて当たり前のものとしている価値観、知識、判断力のこと。


この「社会の構成員」の意味は、「構成員の大部分」の人って意味だよね、きっと・・・

そのとき、その場面で1つのことであったとしても常識が非常識にもなるんだろうね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^


続きを読む "歴史に学ぶ 司馬遼太郎の『坂の上の雲』編その4" »

2010年05月26日

歴史に学ぶ 司馬遼太郎の『坂の上の雲』編その3

『ロシアは日本のように憲法をもたず、国会をもたず、その専制皇帝は中世そのままの帝権をもち、国内にいかなる合法的批判機関ももたなかった。

「専制国家はほろびる」

というただ1つの理由をもって、この戦争の勝敗の予想において日本の勝利のほうに賭けたのは、アメリカ合衆国の大統領セオドア・ルーズヴェルトでった。』


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

続きを読む "歴史に学ぶ 司馬遼太郎の『坂の上の雲』編その3" »

2010年05月18日

歴史に学ぶ 司馬遼太郎の『坂の上の雲』編その2

『文明の段階々々で、ぴったりその段階にあった民族というのが、その歴史時代を担当するのではないか』  
(司馬遼太郎著 「坂の上の雲」米西戦争の章)

私は歴史が好きです^^

過去から現代に至るまで、常に栄え続けている国はありません・・・

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです。

続きを読む "歴史に学ぶ 司馬遼太郎の『坂の上の雲』編その2" »

2010年05月14日

歴史に学ぶ 司馬遼太郎の『坂の上の雲』編その1

最近、司馬遼太郎の「坂の上の雲」にはまっています(*^-^)b

それが昂じてゴールデンウィークに同じ日露戦争を描いた映画「203高地」を見ました。


子供の頃見たことがあるのですが、全然記憶と違っていました。
・・・・・子供の頃の記憶はそんなものかぁ(^^;)


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けたら嬉しいです^^


※因みに、小説のあらすじ等についてお知りになりたい方は、下記のHPをご覧下さい。
http://sakanouenokumo.hp.infoseek.co.jp/

続きを読む "歴史に学ぶ 司馬遼太郎の『坂の上の雲』編その1" »

2009年06月11日

ロバキヨ読書会

今日は、月一のロバキヨ読書会がありました。

お題は「金持ち父さんの投資ガイド 入門編」です。

後楽園ホテルが開催。


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しています。ポチっと押して頂けたら嬉しいです^^


続きを読む "ロバキヨ読書会" »

2009年06月07日

成功の鍵

『成功の鍵は教育だ。

(中略)

私たちが金持ちになった理由の一つは、持っている知識の量が増えたからだ。

(中略)

私たち四人が一緒にとても多くのお金を稼ぐことができたのは、ファイナンシャル教育を長期にわたり受け続けることをそれぞれが自分に誓っていたからだ。』
(「金持ち父さんのファイナンシャルIQ」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)


続きを読む "成功の鍵" »

2009年06月02日

ファイナンシャルIQ(6)

『今の時代、一番偉大な資産は情報だ。』
(「金持ち父さんのファイナンシャルIQ」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)

確かに!

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

続きを読む "ファイナンシャルIQ(6)" »

2009年06月01日

ファイナンシャルIQ(5)


『ファインナンシャルアドバイザーの多くは、リターン(投資からの見返り)が大きければリスクも高いとよく言う。

言い換えれば、レバレッジは危険だということだ。

この考え方は絶対に間違っている。

レバレッジが危険なのは、自分でコントロールできない資産に投資した時だけだ。

コントロールできれば、とても少ないリスクでレバレッジを利用することができる。

たいていのファイナンシャル・アドバイザーが、リターンが大きければリスクも高いと言うのは、ただ、彼が売っている投資商品が、投資家本人にほとんどコントロールできないものだからだ。』
(「金持ち父さんのファイナンシャルIQ」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "ファイナンシャルIQ(5)" »

2009年05月31日

ファイナンシャルIQ(4)

『「収入の範囲内で生活しなさい」貧乏父さんはよく私にアドバイスした。

一方、金持ち父さんはこう言った。
「金持ちになるつもりだったら、収入の範囲を広げる必要がある」

(中略)

ファイナンシャルIQ③がとても大事な理由は、黒字になるように予算を立てる方法を学ぶことが、金持ちになるための、また金持ちであり続けるための鍵だからだ。』
(「金持ち父さんのファイナンシャルIQ」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)

読んで違和感のある方が、いらっしゃると思います。

私もそうでしたので(^^;)

何故「収入の範囲で生活する」ことが、金持ちになる道にならないのか?
(ここでいう「金持ち」って、将来老後の生活を心配しないで送れることも含む。)

いざ考えると、「収入の範囲内で生活する」よりも「収入の範囲を広げる」ことの方が難しいことが解る。

そして、小さいながらも自分で会社を経営している人なら解ると思いますが、会社組織の売上を上げようとしないと下がる傾向にある・・・・・金持ち父さんが何を言っているか解りますよね?

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

続きを読む "ファイナンシャルIQ(4)" »

2009年05月30日

ファイナンシャルIQ(3)

今月の「キャッシュフローゲーム会」で学んだこと。

「情報の力」

そして、

先日、コンビニで人と待ち合わせをしている最中に珍しく雑誌を読みました。
(本当に最近読まないです^^;)

その雑誌を手にした理由が、歴史人物から学ぶって特集があったからです。

そこに織田信長の記載がありました。

『信長が行った最大のイノベーションは、他の戦国大名と比べて、情報を重視したことでしょう。

乱波、草などと呼ばれる忍び、つまり諜報部員を全国に配したのです。』


ポン♪

なるほど!


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^


続きを読む "ファイナンシャルIQ(3)" »

2009年05月29日

ファイナンシャルIQ(2)

昨日のファイナンシャルIQと、以前ご紹介したhttp://roumudaikou.com/2009/04/post_230.html#more
の5つと比較をしてみて下さい。

では、まずファイナンシャルIQ①「より多くのお金を稼ぐ」を見てみましょう。


『「収入の範囲で生活しなさい」貧乏父さんはよく私にそうアドバイスした。

一方、金持ち父さんはこう言った。

「金持ちになるつもりだったら、収入の範囲を広げる必要がある」』
(「金持ち父さんのファイナンシャルIQ」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)

よく金持ち父さんの本には「金持ち」って言葉が出てきますが、私は特別大金持ちになりたいと思っていません。

私自身は、欲張りでもないと思うし、ただ私が言いたいのはこれからは中流階級の人達が居なくなるってことです。

私は、極端な話、老後の生活がちゃんと出来る分だけあれば、何もいいのです。

でも今から何かをしなければ、それすら出来ない時代がもう目の前に来ているのは、皆さんもご存知の通りです。

上がるか?落ちるか?それしか無い。

真ん中は無い。

金が無い人達から見れば、今まで通りの質素な生活をしていることすら「金持ち」に見える時代かもしれませんね。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^


続きを読む "ファイナンシャルIQ(2)" »

2009年05月28日

ファイナンシャルIQ(1)

ファイナンシャルIQをまずご紹介。

①「より多くのお金を稼ぐ」

②「自分のお金を守る」

③「予算を立てる」

④「レバレッジを効かせる」

⑤「情報の質を上げる」の5つです。

このファイナンシャルIQの考え方はロバキヨの「お金持ち父さんのファインシャナルIQ」よりです。


話しの本題に入る前に「IQ」の考え方を整理しましょう。

整理をしたい方は
http://roumudaikou.com/2009/01/post_111.html#more


お金の問題には2つあります。
1、お金がたりないこと
2、お金がありすぎること

この問題を解決するには、何が必要だと思いますか?

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

続きを読む "ファイナンシャルIQ(1)" »

2009年05月27日

お金のルールが変わった

『通貨という言葉は「流れ」という言葉を語源としている。

「電流」や「海流」といった言葉に使われるのと同じこの言葉には「動き」の意味がある。

少し乱暴だがごく単純化して言うと、通貨は動き続けている必要がある。

動きをやめると急速に価値を失う。』
(「金持ち父さんのファイナルシャルIQ」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)

激動する社会において、何が正しいのか?

迷うところです。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいと思います^^

続きを読む "お金のルールが変わった" »

2009年05月25日

運命をコントロールする(8)

『あなたたち一人一人の中に、金持ち、貧乏人、中流の人間が住んでいる。

自由の国に住んでいるということは、私達全員に、自分がどの人間になりたかを決める権利があるということだ。

まずあなたの教育と運命をコントロールすることから始め、その第一歩を今日踏み出そう。』
(「金持ち父さんの予言」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)

自分が、どのような人生を生きるかは自分で決めること!

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^


続きを読む "運命をコントロールする(8)" »

2009年05月24日

時間をコントロールする(7)

『金持ち父さんはこう言った。

「君の最大の資産の一つは時間だ。

たいていの人が金持ちになれない理由の一つは、時間をうまく使っていないからだ。

たいていの人は金持ちをますます金持ちにするために一生懸命働くばかりで、自分自身を金持ちにするために働けないでいる。』
(「金持ち父さんの予言」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)

「仕掛ける側」と「仕掛けられる側」の違いが、これから如実に結果として現れる時代なのかもしれませんね。


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^


続きを読む "時間をコントロールする(7)" »

2009年05月23日

アドバイザーをコントロールする(6)

『会計士や弁護士は非常に専門性の高い職業で、たいていはEやSのクワドラントにいる。』
(「金持ち父さんの予言」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)

私も社会保険労務士として、Sクワドラントにいます。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しています。ポチっと押して頂けると大変嬉しいです^^


続きを読む "アドバイザーをコントロールする(6)" »

2009年05月22日

規則をコントロールする(5)

世の中には、色んなルールがあります。

車を運転するのにも、スポーツにもそれぞれでルールがあります。

そして、

お金を稼ぎ方の四種類(キャッシュフロークワドラント)にも、それぞれ別のルールが働いています。

車やスポーツだと、意識してルールに従おうとしますが、キャッシュフロークワドラントに懸かるルールは、もしかしたら意識されていないのかもしれません。

それでも、自分自身で、どのルールに従うか無意識・意識して選択している。

その選択には、結局は自分の人生をどう生きたいかが全てのような気がします。


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しています。ポチっと押して頂けたら嬉しいです^^


続きを読む "規則をコントロールする(5)" »

2009年05月21日

先を見通す力をコントロールする力(4)

『産業時代には大きなことがいいことだった。

情報時代には姿が見えないことが一番だ。』
(「金持ち父さんの予言」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)

それはタイタニック号に似ているかもしれません。

『タイタニック号は始めとする大型船舶の場合、大きくなり過ぎてコントロールできなくなっていたのに、船の操縦する人間は沈まないと信じていた。』

今の時代、突然、目の前に予期せぬことが出て来てもおかしくありませんからね(ーー;)


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しています。ポチっと押して頂けるととっても嬉しいです^^

続きを読む "先を見通す力をコントロールする力(4)" »

2009年05月20日

言い訳をコントールする(3)


『金持ち父さんはこう言った。

「言い訳は人間の内に潜む敗者の言葉だ。」』
(「金持ち父さんの予言」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)

言葉で人生が変わるって話がありますが、言い訳をいかにコントロールするのか?

それが今回のお題です。

続きを読む "言い訳をコントールする(3)" »

2009年05月19日

自分の感情をコントロールする(2)

『ウォーレン・バフェットはよくこう言う。

「自分の感情をコントロールできなければ、お金をコントロールすることはできない」

(中略)

金持ち父さんはこう言った。
「お金は感情にかかわる問題だ。

自分の感情をコントロールできなければ、感情がお金をコントールする」

また、こうも言っていた。

「お金のこととなると、何でも怖がる金銭心気症に陥ってしまう人が多い」』
(「金持ち父さんの予言」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ


続きを読む "自分の感情をコントロールする(2)" »

2009年05月18日

自分自身をコントロールする(1)

『コントロールの中でもっとも重要なのは、自分自身と自分のお金の管理・運用をコントロールすることだ。』

『会計が「事実」ではなく「意見」に基づいているというのは、ともて大事なことだ。』
(「金持ち父さんの予言」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ


続きを読む "自分自身をコントロールする(1)" »

2009年05月17日

誰もが何かしらの形で投資をしている

『私たちは何らかの形で投資をしている。

ただ、その対象や方法が違うだけだ。』
(「金持ち父さんの予言」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)

この本では、大きく「金持ち」、「中流の人」、「貧乏な人」を大きく括り、それぞれの対象例をあげている。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ


続きを読む "誰もが何かしらの形で投資をしている" »

2009年05月16日

職業は2つ^^

『職業は2つ必要だ。

一つは自分自身のため、

もう一つは自分のお金のため』
(「金持ち父さんのパワー投資術」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)

私が、社労士でありながら「金持ち父さんシリーズ」を読んでいる理由の一つがこれです^^


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "職業は2つ^^" »

2009年05月12日

「事実」と「意見」と「原理」


『金持ち父さんはこう言った。

「情報を管理するにあたっては、事実と意見と原理の違いを知る必要がある。」』
(「金持ち父さんのパワー投資術」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ


続きを読む "「事実」と「意見」と「原理」" »

2009年05月11日

ビジネス投資


『ビジネスを構築したり所有したりするのは、三つの資産の中で跳びぬけてやりがいがあるが、ストレスも一番多い。
紙の資産への投資がデートするようなもので、

不動産を買うのが結婚するようなものだとしたら、

ビジネスに投資するもは子連れで結婚するようなものだ。」』
(「金持ち父さんのパワー投資術」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "ビジネス投資" »

2009年05月03日

単純にすること

『私は、「じゃあ、ビジネスは複雑なことを取り上げ、それをより単純にするってことですか」と聞いた。

金持ち父さんはうなずきながら答えた。

「その通りだ。

ビジネスの目的は生活を単純にすることで、むずかしくすることじゃない。

生活を楽にしてくれるビジネスが一番お金が儲けられるビジネスなんだ。」』
(「金持ち父さんのパワー投資術」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "単純にすること" »

2009年05月02日

「できない」って言葉

『私の頭には金持ち父さんの言葉が浮かんできた。

「貧乏な人は成功する人より、「できない」という言葉をよく使う。

彼らが、「できない」という言葉をよく使うのは、「できる」と言うより簡単だからだ。

「それはできない」と言ってしまえば、たとえ本当はそれができても、やらなくてもよくなるんだから」』
(「金持ち父さんのパワー投資術」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "「できない」って言葉" »

2009年04月26日

自分のフィールドで勝負する

金持ち父さんシリーズを読んだことがある人なら、貧乏父さんが教育局長というお役所のお偉いさんだったことは知っていると思う。

でも貧乏父さんは、教育業界から出ざるを得ないことになるのだが、その後の彼の人生は、これまでの華やかさとは一遍して惨めなものになってしまった。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "自分のフィールドで勝負する" »

2009年04月25日

第2回 キャッシュフローゲーム会

今日、産業振興センターで第2回キャッシュフローゲム会を開催しました。

定員満員の盛況でした。

ご参加頂いた方々に改めて感謝申し上げます。

ありがとうございましたm(_ _)m

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "第2回 キャッシュフローゲーム会" »

2009年04月20日

何に投資すべきか?

先日、FPのNさんとお話をさせて貰ったとき、「自分自身に投資した方がいいのでは?」と言われました。

多分、色んな意味もあったと思いますが、たまにそういうこともあったのかなって思うときがあります。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "何に投資すべきか?" »

2009年04月18日

自分の頭は資産にも負債にもなる

私達の頭脳は資産にも負債にもなる。

そういうことがあるってことを私はまず認識すべきだと思う。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ


続きを読む "自分の頭は資産にも負債にもなる" »

2009年04月17日

統合・集中

今の時代は、明らかに今までのビジネスの仕方ではなく、違うビジネスモデルを要求しているような気がします。

全く違うけど、根底は同じ。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ


続きを読む "統合・集中" »

2009年04月15日

5つの強み

事務所スタッフの悪代官さんと番長さんにも5つの強みをやって貰いました^^

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ


続きを読む "5つの強み" »

2009年04月14日

リーダーシップ

私は、ラジオ番組をもっていますが、それは収録をして放送してます^^

そして、昨日がその収録日でした。

毎回、話題を何にしようかと迷いますが、今月は「リーダーシップ」の話をしました。


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "リーダーシップ" »

2009年04月11日

買って、持ち続け、祈る


『たいていの人は投資家ではない。

投機家、つまりギャンブラーで「買って、持ち続け、価格があがるように祈る」という精神構造を持っている。

たいていの投資家は、市場が上昇し続けて欲しいという願望と、暴落するのではという恐怖の中に生きている。』 


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ


続きを読む "買って、持ち続け、祈る" »

2009年04月04日

組織の変化する風土の重要性

『組織は、製品、サービス、プロセス、技能、人間関係、社会関係、更には組織自らについてさえ確立されたもの、習慣化されたもの、馴染みのもの、心地よいものを体系的に廃棄する仕組みをもたなければならない。』

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "組織の変化する風土の重要性" »

2009年04月03日

専門知識の結合の必要性


『知識社会では、専門知識が、一人ひとりの人間の、そして社会活動の中心的な資源となる。』

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "専門知識の結合の必要性" »

2009年04月01日

転換後の社会

今は、世界的にも大きな転換期です。

多分、「世界的に」というのが大きな意味を持っているのでは!と思います。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "転換後の社会" »

2009年03月31日

時代の転換期


『西洋では数百年に一度、際立った転換が起こる。』


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ


続きを読む "時代の転換期" »

2009年03月28日

何によって憶えられたいか


『何年か前に、かかりつけの腕のいい歯医者に聞いたことがある。

「あなたは、何によって憶えられたいか」。

答えは「あなたを死亡解剖する医者が、この人は一流の歯医者にかかっていたといってくれること」だった。』


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "何によって憶えられたいか" »

2009年03月27日

専門知識を一般知識とする

昨日、取り上げた一文をもう一度


『われわれの知識はますます専門化していく。

したがって、われわれは真に必要とするものは、多様な専門知識を理解する能力である。

そのような能力をもつ者が、知識社会における教育ある人間である。


 われわれは専門知識のそれぞれについて精通する必要はないが、

それが「何についてのものか」

「何をしようとするものか」

「中心的な関心事は何か」

「どのような新しい洞察を与えてくれるか」

「それについて知られていないことは何か」

「問題や課題は何か」

を知らなければならない。』
(「プロフェッショナルの条件」 P・F・ドラッカー著 ダイヤモンド社)

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "専門知識を一般知識とする" »

2009年03月26日

これで明確になった?


『われわれは、多様な知識に精通した博学は必要としていない。』


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "これで明確になった?" »

2009年03月25日

賢い選択


『知識は、通貨のような非人格的な存在ではない。』

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "賢い選択" »

2009年03月22日

簡単であること

先日、うちの悪代官が、あるセミナーに参加したところ、内容が全然理解できなかったようです。

それを聞いた私は、理解できない理由には3つあるって、金持ち父さんが言っていたと教えてあげました。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "簡単であること" »

2009年03月16日

人の強みを生かす

今日は今日で反省すべきことがありました・・・・

毎日反省ですわ(--;)

だから成長できる(*^ー^)b

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "人の強みを生かす" »

2009年03月10日

「価値」と「価格」

『価格が高く不安定な時期こそ価格よりも価値に注意を払うことがますます重要になる。』
(「金持ちがますます金持ちになる理由」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "「価値」と「価格」" »

2009年03月07日

「良いアドバイス」と「悪いアドバイス」

ビジネスでも、投資でもそうだが、「良いアドバイス」と「悪いアドバイス」ってあるもんです(--;)


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "「良いアドバイス」と「悪いアドバイス」" »

2009年03月06日

キャッシュフローの重要性^^

先日、Oさんと読書会及びキャッシュフローゲーム会の打合せをしました。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ


続きを読む "キャッシュフローの重要性^^" »

キャッシュフローの重要性^^

先日、Oさんと読書会及びキャッシュフローゲーム会の打合せをしました。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ


続きを読む "キャッシュフローの重要性^^" »

2009年02月27日

集中すること^^


『集中してやっていることが、金持ちがますます金持ちになる理由の1つだ。

中流階級の人は分散投資をし、貧しい人は社会保障を頼りにする。』
(「金持ちがますます金持ちになる理由」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ


続きを読む "集中すること^^" »

2009年02月20日

かもめ♪かもめ♪どうして貴方はかもめなの?

うちの悪代官の机に上に本が一冊(^_‐)☆

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "かもめ♪かもめ♪どうして貴方はかもめなの?" »

2009年02月18日

誰と仕事をするか?

『私は、ドナルド(・トランプ)と数年間いっしょに仕事をしただけで、より良いビジネス、そしてより良い人間になることができた。

続きを読む "誰と仕事をするか?" »

2009年02月14日

勤労所得から他の所得へ変える?

お金を稼ぎ続けるだけではなく、お金を持ち続けるには?

改めて「金持ち父さんの投資ガイド 入門編」を読んでます。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ


続きを読む "勤労所得から他の所得へ変える?" »

2009年02月12日

プランが大事!

今日はロバキヨ読書会があり、新たにメンバー2名が参加。


今回もつくづく思いましたが、同じ本を読んでいたとしても、他人と話し合うことで色々な気付きが発見できるもんだと改めて感心しました^^


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "プランが大事!" »

2009年02月11日

明日はロバキヨ読書会

明日はロバキヨ読書会です。

なのでまたもや近くのファミレスへ行ってお勉強をして来ました^^


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "明日はロバキヨ読書会" »

2009年02月06日

将来の為のプラン

今週も何だかあっという間に終わりですね・・・・

今週は今週で新たな発見をさせていただけた1週間でした^^


今日、とある会食会で知り合った方が私の事務所へ来ました。


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "将来の為のプラン" »

2009年01月31日

B-Iトライアングル(3つの柱・使命)

『金持ち父さんはこう言っていた。

「ビジネスを成功させるためには、精神的な使命ビジネス上の使命の両方が必要だ。特に立ち上げ時期にはね」

(中略)

これ(使命)が最も重要な部分だと思っていたからだ。』

(金持ち父さんの投資ガイド 上級編 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)

続きを読む "B-Iトライアングル(3つの柱・使命)" »

2009年01月29日

スペースが無いと情報は入らない(--;)

確か金持ち父さんシリーズの「金持ち父さんの子供はみんな天才」か

「金持ち父さんの起業する前に読む本」のどちらかの本に

『情報が入るスペースがないと、それ以上情報は入らない』 って

内容が掲載されていたと思う。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "スペースが無いと情報は入らない(--;)" »

2009年01月24日

ビジネス失敗率は?

『統計によると、新しくビジネスのうち90%は最初の五年以内に失敗する。

また、これも統計によると、生き延びた10%のうちの更に90%は次の五年に失敗する。

つまり、新しく起こされたビジネスの約99%は十年以内に失敗する。

なぜだろう?』
(金持ち父さんの起業する前に読む本 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)

ロバキヨは、その理由を6つ上げています。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "ビジネス失敗率は?" »

2009年01月23日

起業家とは?


『起業家は一つの職業であると同時に「心のあり方」でもある』

『安全よりも自由を求める気持ちが強くなった時、起業家への道が始まる。』

(金持ち父さんの起業する前に読む本 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ


続きを読む "起業家とは?" »

2009年01月22日

松下幸之助氏の苦闘の人生

私が「人生の師匠と仰いでいる方が、松下幸之助氏に次のような質問をしたことがあります。

「これまでの半生で、最も苦労し、心身を削られたという、苦闘の人生史の1ページを、お話しいただければ」と。


それに対して、松下幸之助の回答が凄いと思いました。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ


続きを読む "松下幸之助氏の苦闘の人生" »

2009年01月19日

失敗から学ぶこと^^

学校では「失敗すること、間違えること」は「誤り、悪」だと教えるけど、でも実社会に出ると実は失敗から学ぶことが多い。

だから「失敗から学べることは素晴らしい」といいたいところです・・・

・・・・ただそれは立場によるかも。

従業員が、「失敗から学びます。だから少し失敗が多いかもしれませんが勘弁してください」と言って、失敗し続けたら解雇されますもんね、普通f^^;

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "失敗から学ぶこと^^" »

2009年01月17日

「仕事を所有」と「ビジネスを所有」の違い(--;)

『多くの起業家は「ビジネスオーナー」ではなく、「自営の起業家」だ。つまり、ビジネスを所有しているのではなく、単に仕事を所有しているにすぎない。

金持ち父さんはそのことを強調した。

「自分の名前とビジネスの名前が同じだったら、おそらくはきみは自営業者だ。

きみが働くのをやめたら収入もストップする。

顧客が会いにくるのはきみだし、何か問題があれば従業員はきみのところへ電話をかけてくる。

そのビジネスの中で一番頭がいい人、一番才能がある人、一番教育を受けている人がきみだという場合も、君は自営業者である可能性が強い。」

金持ち父さんは何も自営業者が悪いと言っていたわけではない。』
(「金持ち父さんの起業する前に読む本」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房 より)

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "「仕事を所有」と「ビジネスを所有」の違い(--;)" »

2009年01月16日

起業家にも種類がある(--;)

一言でビジネスといって、色々な種類があると思います。
その種類って、ビジネスに対する考え方、見方などビジネスの主体に応じてって意味です。


『きみたちがやるべきことは、自分がどのタイプの起業家になりたいか見極めることだ。

つまり、ベビーシッターのような起業家になりたいか、或いはヘンリー・フォードのような起業家になりたいかを決めることだ。

どちらの起業家も、価値のある製品やサービスを提供している。

顧客にとってはどちらの起業家も大事だ。

とは言っても、その活動の場はまったく違う。

起業家としての仕事の守備範囲がまったく違うんだ。

いろいろなタイプの起業家の違いをフットボールにたとえるなら、空き地で仲間とお遊びでやるフットボールトハイスクールのフットボール、大学のフットボール、プロのフットボールなどの違いと言っていいだろう。

(中略)

それは精神的な違いだった。

プロの選手には偉大なフットボールプレーヤーにふさわしい情熱と願望、そして持って生れた才能があった。

あの日、私が学んだ教えは、確かに私達は同じゲームをしていたが、まったく違うレベルでやっていたというこだ。

ビジネスの世界や起業家たちのゲームでも同じことが言える。

私達は誰でも起業家になれる。

起業家になること自体はそんなに大したことではない。

ビジネスの設計図を描くとき、自分に聞くべきことはもっと他にある。

それは、「私はどのレベルのでこのゲームをやりたいのか?」ということだ。』

続きを読む "起業家にも種類がある(--;)" »

2009年01月12日

「お金を稼ぐこと」と「お金を持ち続けること」

【貯金ではお金持ちにはなれない!】

確かに!

以前書いた通り、『100万ドルを稼ぎ出すには、毎月800ドルを30年間貯め続けたとしても、成功率は150万分の1』です。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

続きを読む "「お金を稼ぐこと」と「お金を持ち続けること」" »

2009年01月06日

認識を変える(^^)v

私は「気付き」が大好きです(*^^*)

「新しい気付き」が落ちると興奮して眠れませんo(^-^)o

『時にはほんの1オンスのわずかな認識を変えるのに、1トンもの莫大な量の教育が必要なことがあります。』 
(「金持ち父さんの子供はみんな天才」ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ


続きを読む "認識を変える(^^)v" »

2008年12月11日

ロバート・キヨサキの本に学ぶ

今、ロバート・キヨサキの投資ガイド入門編を使って読書会をやっています。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

続きを読む "ロバート・キヨサキの本に学ぶ" »

2008年11月27日

私の読書ノート(球場のビールはなぜ800円でも売れるのか①)

会社の弱みには二種類あります。

続きを読む "私の読書ノート(球場のビールはなぜ800円でも売れるのか①)" »

2008年11月25日

私の読書ノート(一回のお客を一生の顧客にする法⑦)

貴方には行きつけのお店がありますか?

何故、そのお店へ行くのですか?

続きを読む "私の読書ノート(一回のお客を一生の顧客にする法⑦)" »

2008年11月23日

ピンと来た言葉

専門バカはいけません。

続きを読む "ピンと来た言葉" »

2008年11月22日

私の読書ノート⑥(一回のお客を一生の顧客にする方)

『スマイルではなくシステムを』

続きを読む "私の読書ノート⑥(一回のお客を一生の顧客にする方)" »

2008年11月21日

ピンと来た言葉

久しぶりに来ましたよ♪くすっ(笑)

続きを読む "ピンと来た言葉" »

2008年11月20日

私の読書ノート⑤(一回のお客を一生の顧客にする法)

笑顔はサービスの一部であっても、サービスの本体ではない。

そんなの知っているよ!(笑)

でも・・・

続きを読む "私の読書ノート⑤(一回のお客を一生の顧客にする法)" »

2008年11月19日

私の読書ノート④(一回のお客を一生の顧客にする法)

友達へのビジネス上のサービスについて、1つの指針があります。

続きを読む "私の読書ノート④(一回のお客を一生の顧客にする法)" »

2008年11月18日

私の読書ノート(一回のお客を一生の顧客にする法③)

今、米田未来塾ではお客様に「当事務所のサービスについてのアンケート」を作成しようと思っています。

続きを読む "私の読書ノート(一回のお客を一生の顧客にする法③)" »

2008年11月17日

私の読書ノート(一回のお客を一生の顧客にする法②)

うちの事務所は、【日本一アホな社会保険労務士事務所】を目指しています♪

続きを読む "私の読書ノート(一回のお客を一生の顧客にする法②)" »

2008年11月16日

私の読書ノート 「一回のお客を一生の顧客にする法①」

米田未来塾 第2期が10月22日より本格スタート。
今回のテーマは『顧客満足度の向上』です。
これからどのような展開になるか?私自身楽しみにしています。

続きを読む "私の読書ノート 「一回のお客を一生の顧客にする法①」" »

2008年10月27日

顧客に応対する質の高い時間をつくり出す

『一回のお客を一生の顧客にする法』(カール・スウェル著)
著者の経験に基づく意見には納得させられます。

そんなことは解っている!・・・・・でも出来ていない(泣)
そういうことが多いのでは?

続きを読む "顧客に応対する質の高い時間をつくり出す" »

2008年10月23日

つねに改善を意識すること。

最近、私の愛読書はカール・スウェル著「一回のお客を一生の顧客にする法」である。

続きを読む "つねに改善を意識すること。" »

2008年02月02日

チャンスを生かす

『幸運だけでは成功することができない。

「幸運はチャンスと準備の交差点」という英語の諺がある。

こちらに十分な備えがなければ、チャンスを生かして幸運とすることができない。』

(成功のコンセプト 三木谷浩史著 幻冬舎)

続きを読む "チャンスを生かす" »

2008年01月24日

社会制度・文化にも生命が・・・

松下幸之助さんの一言に驚きました。

その一言って、

続きを読む "社会制度・文化にも生命が・・・" »

2007年12月07日

時間の管理方法 : プロフェッショナルの条件⑯

自分の時間をどのように使っているか
『成果をあげる者は仕事からスタートしない。時間からスタートする。計画からもスタートしない。

何に時間がとられているかを明らかにすることからスタートする。


続きを読む "時間の管理方法 : プロフェッショナルの条件⑯" »

Calendar

2016年06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Powered by
Movable Type 3.34
Copyright(C) 2016 米田社会保険労務士事務所 All rights reserved.