トップ 社労士BLOG 助成金 > 成長分野等人材育成コース

« 平成26年度 中心市街地再興戦略事業費補助金 | メイン | 研究開発助成金 »

成長分野等人材育成コース

キャリア形成促進助成金 《 成長分野等人材育成コース》

1.概要
成長分野等※の業務を行う労働者を育成するための訓練を実施した場合に
  助成 が受けられる訓練コース。

※ 対象分野には、医療・介護、情報通信業、建設業の一部、製造業の一部など
  が含まれます。

2.訓練対象者
雇用保険の被保険者

3.基本要件
●Off-JTにより実施される訓練であること
(事業主自ら企画・実施する訓練、または教育訓練機関が実施する訓練)
●助成対象訓練時間が20時間以上であること
●成長分野等の業種に属する事業主、または成長分野等以外の業種に属する
事業主であって、成長分野等の事業を実施しているか、あるいは実施する
ことを予定している事業主が、その雇用する労働者に対して実施する訓練
であること

4.実施訓練例
●介護事業を営む事業主の場合
介護職員初任者研修の受講
●再生エネルギー事業を営む事業主の場合
環境部門などの技術士試験に関する講座の受講

5.支給額
【助成額・助成率】
◎事業主向け
≪Off-JT≫
◆賃金助成(1人1時間当たり) 800円(400円)
◆経費助成1/2(1/3)

≪OJT (認定実習併用職業訓練コース)≫
◆実施助成(1人1時間当たり)600円

◎事業主団体等向け
≪Off-JT≫
◆経費助成 1/2

【支給限度額】
[賃金助成・OJT実施の限度額]

・賃金助成(1人1コース当たり)11200時間(認定職業訓練は1,600時間)
・OJT実施助成(1人1コース当たり)408,000円(認定実習併用職業訓練コースのみ)

[経費助成の限度額]
◇20時間以上100時間未満
・15万円(10万円)

◇100時間以上200時間未満
・30万円(20万円)

◇200時間以上
・50万円(30万円)

※( )内は大企業

【受講数の制限】
助成対象となる訓練コース数は、1人当たり1年度※3コースまで。
※「年間職業能力開発計画期間」内

【1事業所・1事業主団体等の支給額】
・1事業所が1年度※1に受給できる助成額は、最大で500万円 ※2
(認定職業訓練、認定実習併用職業訓練の場合は、1,000万円)

・1事業主団体等が1年度に受給できる助成額は500万円
※1 支給申請日を基準とし、4月1日から3月31日まで。
※2 1事業主が単独で申請したうえで共同事業主として申請する場合も
500万円が限度。


質問等がございましたら、メール又は電話(011-748-9885)にてお問合せ下さい。

≪助成金ご案内≫へはこちらから

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yoneta.deca.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/714

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Calendar

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Powered by
Movable Type 3.34
Copyright(C) 2018 米田社会保険労務士事務所 All rights reserved.