トップ 社労士BLOG 助成金 >平成26年度 中心市街地再興戦略事業費補助金

« キャリア形成促進助成金 グローバル人材育成コース | メイン | 成長分野等人材育成コース »

平成26年度 中心市街地再興戦略事業費補助金

1.概要
中心市街地再興戦略事業費補助金は、まちの魅力を高めるための事業化調査、
先導的・実証的な取組及び専門人材の派遣に対して重点的支援を行うことにより、

地域経済の活性化を促進し、ひいては生活者が安心して暮らすために不可欠な
活力ある商機能を維持し、市町村が目指す「コンパクトでにぎわいあふれるまち
  づくり」を推進するもの。

※補助事業別に事業要件、公募申請に係る提出書類等が異なるのでご留意ください。

2.補助内容
  中心市街地の活性化に資する調査事業及び先導的・実証的事業(調査事業等
  を踏まえ実施される施設整備事業及びソフト事業)並びに専門人材活用支援
  事業が対象。

3.公募対象者
  民間事業者、まちづくり会社、商店街振興組合、商店街振興組合連合会、事業
  協同組合、 事業協同小組合又は協同組合連合会、商工会議所、商工会又は
  商工会連合会 等

4.補助区分

◆【1】調査事業
中心市街地活性化に向け、地域の個性や生活者のニーズを把握し、まちの魅力
を真に高める方策を探るために行う調査・分析事業であること。
※中心市街地活性化基本計画の認定は必要ないが、中心市街地活性化を目指し
ている地域に限る。

≪補助率≫
2/3以内

≪補助金上限額・下限額≫
上限額:1,000万円
下限額:1000万円

◆【2】先導的・実証的事業
【1】の「調査事業」の結果(同等程度の調査を別に実施している場合は、当該調査
結果を含む。)を踏まえ、基本計画に基づき実施される施設等の整備事業であって、

中心市街地全域に効果が波及する先導的かつ実証的な事業。
※中心市街地活性化基本計画の認定が必要

≪補助率≫
2/3以内

≪補助金上限額・下限額≫
上限額:2億円
下限額:100万円

◆専門人材活用支援事業
商業や中心市街地活性化に関する専門的な知見を有する人材の招聘等を行う
事業。 ※ 補助対象事業は、以下に掲げる全ての要件を満たすことが必要。

【a】中心市街地の活性化に関わるまちづくり、商業、都市計画等の専門的な知見を」」

有しかつ、商業及び都市計画等の業界動向に精通している者を活用すること。

【b】補助事業者の社員等以外の者。

【c】下限日数は原則120人日/年とする。
※複数人の専門家を活用することも可能。
※中心市街地活性化基本計画の認定は必要ないが、中心市街地活性化を目指
している地域に限る。
※基本計画の認定は必要ありません。ただし、中心市街地活性化を目指している
地域に限る。

≪補助率≫
2/3以内

≪補助金上限額・下限額≫
上限額:1,000万円
下限額:100万円

5.公募対象期間
平成26年9月26日(金)~平成26年10月29日(水)

先行審査締切:10月9日(木曜日)
通常審査締切:10月29日(水曜日)
※管轄の経済産業局に締切日の17時必着のこと。


質問等がございましたら、メール又は電話(011-748-9885)にてお問合せ下さい。

≪助成金ご案内≫へはこちらから

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yoneta.deca.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/719

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Calendar

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Powered by
Movable Type 3.34
Copyright(C) 2018 米田社会保険労務士事務所 All rights reserved.