トップ 社労士BLOG 助成金 >雇用調整助成金

« 労働者移動支援助成金 | メイン | 新エネルギーベンチャー技術革新事業 »

雇用調整助成金

◆概要
 景気の変動、産業構造の変化その他の経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、一時的な雇用調整(休業、教育訓練または出向)を実施することによって、従業員の雇用を維持した場合に助成されます。

◆主な受給要件
 受給するためには、次の要件のいずれも満たすことが必要です。

(1)雇用保険の適用事業主であること。
(2)売上高又は生産量などの事業活動を示す指標について、その最近3か月間の月平均値が前年同期に比べて10%以上減少していること。
(3)雇用保険被保険者数及び受け入れている派遣労働者数による雇用量を示す指標について、その最近3か月間の月平均値が前年同期に比べて、大企業の場合は5%を超えてかつ6人以上、中小企業の場合は10%を超えてかつ4人以上増加していないこと。
(4)実施する雇用調整が一定の基準を満たすものであること。

【1】休業の場合
  労使間の協定により、所定労働日の全一日にわたって実施されるものであること。(※1)
  ※1 事業所の従業員(被保険者)全員について一斉に1時間以上実施されるものであっても可。
【2】教育訓練の場合
  【1】と同様の基準のほか、教育訓練の内容が、職業に関する知識・技能・技術の習得や向上を目的とするものであり、当該受講日において業務に就かないものであること(※2)。
  ※2 受講者本人の レポート等の提出 が必要です。
【3】出向の場合
  対象期間内に開始され、3か月以上1年以内に出向元事業所に復帰するものであること。

(5)過去に雇用調整助成金又は中小企業緊急雇用安定助成金の支給を受けたことがある事業主が新たに対象期間を設定する場合、直前の対象期間の満了の日の翌日から起算して一年を超えていること。 このほかにも、雇用関係助成金共通の要件 などいくつかの受給要件がありますので、詳しくは下記の「お問い合わせ先」にお問い合わせください。

受給額
 受給額は、事業主が支払った休業手当等負担額の相当額に次のアの助成率を乗じた額です。ただし教育訓練を行った場合は、これにイの額が加算されます。(ただし受給額の計算に当たっては、1人1日あたりの上限額など、いくつかの基準があります。)
 休業・教育訓練の場合、その初日から1年の間に最大100日分、3年の間に最大150日分受給できます。出向の場合は最長1年の出向期間中受給できます。

休業等を実施した場合の休業手当または賃金相当額、出向を行った場合の出向元事業主の負担額に対する助成(率)
※対象労働者1人あたり7,805円が上限です。(平成26年8月1日現在)
大企業は1/2、中小企業は 2/3 が助成率になります。
教育訓練を実施したときは1,200円が加算されます。 (1人1日当たり)


質問等がございましたら、メール又は電話(011-748-9885)にてお問合せ下さい。

≪助成金ご案内≫へはこちらから



-->

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yoneta.deca.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/684

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Calendar

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Powered by
Movable Type 3.34
Copyright(C) 2018 米田社会保険労務士事務所 All rights reserved.