トップ 社労士BLOG 助成金 >自立・分散型低炭素エネルギー社会構築推進事業

« 新技術開発助成 | メイン | 福祉用具実用化開発推進事業 »

自立・分散型低炭素エネルギー社会構築推進事業

≪平成26年度自立・分散型低炭素エネルギー社会構築推進事業の2次公募≫

1.事業の概要
再生可能エネルギー等を活用し、災害時等に電力系統からの電力供給が停止した場合においても、自立的に電力を供給できる低炭素型のエネルギーシステム及びその制御技術等を確立し、再生可能エネルギーの更なる導入促進及び温室効果ガス排出量の削減を実現することを目的とした補助事業。

2.対象事業の要件
再生可能エネルギー等を活用し、災害時等に電力系統からの電力供給が停止した場合においても、自立的に電力を供給・消費できる低炭素なエネルギーシステム(以下「自立・分散型低炭素エネルギーシステム」)及びその制御技術(需要の制御を含む)等の技術実証を行う事業であって、下記の要件を全て満たすものを対象とする。

【1】再生可能エネルギー発電設備(既設を含む)により一定の需要家(複数施設)に対し電力を供給すること。

【2】 【1】の電力を供給するための配電線等を整備すること。

【3】蓄電池等を組み込み、【1】により発電した電力を最大限消費するとともに、系統からの電力供給が停止している場合においても、自立的なエネルギー供給が可能となるシステムを構築すること。なお、蓄電池を複数設置する場合は、蓄電池間の電力融通による電力消費の効率化等を図ること。

【4】電力(熱供給を併せて行う場合は熱を含む。)を効率的に供給・管理するためのエネルギー需給制御システムを構築すること。

【5】固定価格買取制度の適用を受けて売電を行わないこと。

3.補助金の交付額
【1】の事業に係る経費の総額の3/4(75%)を上限とする

4.公募実施期間
平成26年8月18日(月)~平成26年9月26日(金)17時必着

5.対象等
民間団体、地方公共団体等

6.予算及び実施期間
実施期間は原則として3年以内




質問等がございましたら、メール又は電話(011-748-9885)にてお問合せ下さい。

≪助成金ご案内≫へはこちらから


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yoneta.deca.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/677

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Calendar

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Powered by
Movable Type 3.34
Copyright(C) 2018 米田社会保険労務士事務所 All rights reserved.