トップ 社労士BLOG 助成金 >キャリア形成促進助成金 若年人材育成コース

« キャリア形成促進助成金 熟練技能育成・承継コース | メイン | キャリア形成促進助成金 熟練技能育成・承継コース »

キャリア形成促進助成金 若年人材育成コース

1.概要
訓練開始日において、雇用契約締結後5年以内で35歳未満の若年労働者に
対する訓練を実施した場合に助成が受けられる訓練コース。

2.訓練対象者
雇用契約締結後5年以内かつ35歳未満の雇用保険の被保険者

3.基本要件
●Off-JTにより実施される訓練であること
(事業主自ら企画・実施する訓練、または教育訓練機関が実施する訓練)
●助成対象訓練時間が20時間以上であること
●訓練開始日において、雇用契約締結後5年以内かつ35歳未満の若年
労働者を対象とする訓練であること

4.実施訓練例
基幹人材として必要な知識・技能を順次取得させる訓練
(1年目:プレス加工基礎研修、2年目:金型図面の見方研修、
3年目:溶接技能研修)

5.支給額
【助成額・助成率】
≪Off-JT≫
◆賃金助成(1人1時間当たり) 800円(400円)
◆経費助成 1/2(1/3)
※( )内は大企業の助成額・助成率

【支給限度額】
・賃金助成(1人1コース当たり) 1,200時間

[経費助成の限度額]
● 助成対象となる訓練コース数は、1人当たり1年度3コースまで。

● 1事業所が1年度に受給できる助成額は、最大で500万円。
● 1事業主団体等が1年度に受給できる助成額は500万円

[経費助成の限度額]
◇20時間以上100時間未満
・15万円(10万円)

◇100時間以上200時間未満
・30万円(20万円)

◇200時間以上
・50万円(30万円)

※( )内は大企業

【受講数の制限】
助成対象となる訓練コース数は、1人当たり1年度※3コースまで。
※「年間職業能力開発計画期間」内

【1事業所・1事業主団体等の支給額】
・1事業所が1年度※1に受給できる助成額は、最大で500万円 ※2

・1事業主団体等が1年度に受給できる助成額は500万円
※1 支給申請日を基準とし、4月1日から3月31日まで。
※2 1事業主が単独で申請したうえで共同事業主として申請する場合も
500万円が限度。


質問等がございましたら、メール又は電話(011-748-9885)にてお問合せ下さい。

≪助成金ご案内≫へはこちらから


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yoneta.deca.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/724

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Calendar

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Powered by
Movable Type 3.34
Copyright(C) 2018 米田社会保険労務士事務所 All rights reserved.