トップ 経営戦略・戦術 >キャリアアップ助成金[人材育成コ―ス]

« 経営戦略以外にありません。 | メイン | お久しぶりです! »

キャリアアップ助成金[人材育成コ―ス]

☆この助成金の受給要件は、下記のとおりです。
本助成金(コース)は、ガイドラインに沿って、1.対象労働者に対して、下記2~4の全ての措置を実施した場合に受給することができる。

◆1.対象労働者
  本助成金(コース)における「対象労働者」は、
申請事業主が雇用する、又は新たに雇い入れる次の【1】または【2】に該当する労働者です。
 尚、短時間労働者、又は申請事業主が派遣元事業主である場合の派遣労働者は、その雇用契約期間に応じて【1】又は【2】として取り扱われる。

【1】有期契約労働者
【2】無期雇用労働者

◆2.「キャリアアップ管理者」の配置、「キャリアアップ計画」の認定
 ガイドラインに沿って事業所ごとに「キャリアアップ管理者」を配置するとともに「キャリアアップ計画」を作成して、それについて管轄の労働局長の認定を受けること。

◆3.職業訓練計画の認定
  キャリアアップ計画の認定後(または同時)に、対象労働者に対して次の【1】~【3】の要件に該当する訓練を実施するための「職業訓練計画」を作成して、管轄の労働局長の認定を受けること。

【1】[1]OFF-JTのみの訓練(以下「一般職業訓練」という)、又は [2]OFF-JTとOJTを組み合わせた訓練(以下「有期実習型訓練」) であること。
ただし、上記1の新たに雇い入れた労働者を対象とする訓練については、原則、有期実習型訓練に限りる。 

【2】一般職業訓練の場合、訓練時間が20時間以上の訓練であること。 

【3】[有期実習型訓練の場合、以下の[1]~[4]のすべてを満たしていること。
[1]実施期間3か月以上6か月以下の訓練であること。
[2]総訓練時間数が6か月当たりの時間数に換算して425時間以上であること。
[3]総訓練時間に占めるOJTの割合が1割以上9割以下であること。
[4]訓練修了後にジョブ・カード様式4(評価シート)により職業能力の評価を実施すること

◆4.訓練の実施
  3によって認定された職業訓練計画に基づいて、対象労働者に対する訓練を実施すること。
☆このほかにも、雇用関係助成金共通の要件などいくつかの受給要件がありますので、詳しくはお問い合わせください。

2.給付内容 
 本助成金(コース)は、訓練の種類に応じて1訓練コース支給対象者1人あたり、下記の支給額の合計がまとめて支給される。

■ OFF-JT  
≪賃金助成≫ 
   ・1時間あたり500円(800円)
≪訓練経費助成≫
   ・経費助成:1人あたり
   ・訓練時間数が100時間未満 7万円(10万円)
   ・訓練時間数が100時間以上200時間未満 15万円(20万円)
   ・訓練時間数が200時間以上 20万円(30万円)

■ OJT
≪訓練実施助成≫
   ・1時間あたり700円(700円)

※注 ( )内は中小企業事業主の場合
※ただし、1年度1事業所あたり500万円を上限とする。

ご相談、質問等がございましたら、メール又は電話(011-748-9885)にてお問合せ下さい。

≪助成金ご案内≫へはこちらから

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yoneta.deca.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/650

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Calendar

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Powered by
Movable Type 3.34
Copyright(C) 2018 米田社会保険労務士事務所 All rights reserved.