トップ 社労士BLOG 私の読書ノート >論語とノムさん

« こんにちは、赤ちゃん^^ | メイン | 結果 »

論語とノムさん

最近、何だか本が読めないでいます。

ん~~多分に気持ちに余裕がないからでしょうね。

人は、ほんの少しでもボーとする時間がないと力が出ないもんですね(ーー;)

そんな中でも読んだ本はこれです。
110202_084908.jpg
ノムさん、わりかし好きです^^


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^


『人生論を確立させてこそ、本当にいい仕事ができる。

(中略)

才能だけで成功をおさめている野球選手は皆無に等しい。

少しの才能で腹をいっぱいにしてしまった者は長続きしない。

たとえば、素振りのような単純な作業を続けるのはまったくおもしろくないし、
ただただつらいだけである。

それもすぐに効果があるのならいいが、いつになったら成果がえてくるものやらわからない。

 それでも私はひたすら努力を続けた。

故郷に錦を飾って、母に少しでも楽をさせてやりたかったからだ。

努力は報われた。

ある程度の結果が出せるようになると、苦しみだと感じていたことに対しても興味が湧き、さらに好奇心へと発展するという好循環が生まれ、いつしかレギュラーの座に手が届いていた。

「努力に即効性なし」と認識することだ。』
(野村の実践「論語」 野村克也著 小学館)

これを読みながら、自分の20代を振り返った。

なかなか結果が出なかった20代でした。

結果が欲しくて本屋へ行ったときには、思いつくままに本を買い漁ったもんでした。

でも本当に結果が直ぐに伴わないから、本を読むのもつくらくなって途中で投げ出した本も結構あったものです。

それを思うと自分の人生の転機となった切っ掛けを与えてくれた両親に感謝しないでいられません。


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しております。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^


周りから少しは落ち着きました?

と心配していただいて・・・申し訳ないと思うと共に感謝してもし切れません。

皆さん、ありがとうございます。


それに輪をかけて、今年の1月は例年に比べ忙しいの一言がぴったりの一カ月でした。

気持ちに余裕がないと好奇心が湧かない、頭に入らない、回らない。

・・・全くの悪循環・・・

2月は少し気持ちに余裕を持って仕事に取組みたいと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yoneta.deca.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/502

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Calendar

2016年06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Powered by
Movable Type 3.34
Copyright(C) 2016 米田社会保険労務士事務所 All rights reserved.