トップ 社労士BLOG 私の読書ノート >ファイナンシャルIQ(5)

« ファイナンシャルIQ(4) | メイン | ファイナンシャルIQ(6) »

ファイナンシャルIQ(5)


『ファインナンシャルアドバイザーの多くは、リターン(投資からの見返り)が大きければリスクも高いとよく言う。

言い換えれば、レバレッジは危険だということだ。

この考え方は絶対に間違っている。

レバレッジが危険なのは、自分でコントロールできない資産に投資した時だけだ。

コントロールできれば、とても少ないリスクでレバレッジを利用することができる。

たいていのファイナンシャル・アドバイザーが、リターンが大きければリスクも高いと言うのは、ただ、彼が売っている投資商品が、投資家本人にほとんどコントロールできないものだからだ。』
(「金持ち父さんのファイナンシャルIQ」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

『コントロールの効かない投資にレバレッジを使うのは、ハンドルのない車を買ってアクセルベダルを踏み込むようなものだ。

不動産市場の暴落によって打撃を受けた人の多くは、不動産の価格が上がり続け、自分の家の価値があがることをあてにしていた人たちだ。

多くの人は、評価額の上がった家を抵当にお金を借りていた。

今では、家の価値が借入額より低くなっている可能性もある。

彼らは投資をコントロールする力を持っていないから、市場の影響をもろに受ける。』

『私は起業家として、所有するビジネスの財務諸表の四つの欄、すべてをコントロールしている。

一方、不動産投資家としても、投資物件の財務諸表の四つの欄、すべてをコントロールする力を持っている。』
(「金持ち父さんのファイナンシャルIQ」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)


ここでいう四つの欄とは、貸借対照表の「資産」・「負債」、損益計算書の「収入」・「支出」の四つです。

これらの欄を実際にどうやっているのか?を書いてあるけど・・・・難しいかも(ーー;)

もう少し時間を掛けて読み込んで、実際に自分に仕事に応用しようと思います。

※ この本自体が、結構一回読んで書いていることは何となく解った程度で終わらすつもりならいいのですが、そうでないなら、何回か読まないといけなさそうです(^^;)


レバレッジは、私個人として、是非身につけたいスキルの一つです。


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しています。ポチと押して頂けると嬉しいです^^

今日は、うちのモモレンジャーとスポGMへ行って来ました。

あはははははは

2人で行くと、お互いに負けず嫌いなのでムキになりますね(笑)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yoneta.deca.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/275

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Calendar

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Powered by
Movable Type 3.34
Copyright(C) 2018 米田社会保険労務士事務所 All rights reserved.