トップ 社労士BLOG 私の読書ノート >第2回 キャッシュフローゲーム会

« 今日は気分転換でお風呂に行って来ました^^ | メイン | 自分のフィールドで勝負する »

第2回 キャッシュフローゲーム会

今日、産業振興センターで第2回キャッシュフローゲム会を開催しました。

定員満員の盛況でした。

ご参加頂いた方々に改めて感謝申し上げます。

ありがとうございましたm(_ _)m

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

昨日の日記にも書きましたが、



『1、稼ぐ/作り出す

 2、管理する

 3、レバレッジを効かせる

 4、保護する

 5、出る』
(「金持ち父さんのパワー投資術」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)


「稼ぐ」 → ゲームのスタート時、各人が職業選択をします。

「管理」 → 職業選択した際には、これまでのお金の管理の仕方が決まっています。
        (つまり貸借対照表と損益計算書にて)

        この管理の仕方の変更していく。

「レバレッジ」 → 各投資を行っていく。

「保護」 → さてこれはどんなことだと思いますか?


『「たいていの人は投資は危険だと思っているが、それは単に彼らが保険にかけずに投資をしているからにすぎない。

投資すること自体は危険ではない。

保険をかけないで投資する投資家が危険なのだ。』
(「金持ち父さんのパワー投資術」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)

そして、その「保険」には大きく分けて2種類ある。

1、お金で買える保険。

これは通常、保険屋で売っているもの。

2、手に入れるために学ぶ必要がある保険。


『この2つ目の種類の保険で問題なのは、それらの保険を使う方法を学んだり、専門知識を持った適切な人材を探して自分のチームに加えるために、実際に時間を投資しなければならない点だ。』

(「金持ち父さんのパワー投資術」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)

例えば、知的所有権を守るために「法律」の利用。

株式投資の場合だと、「コール・オプション」、「プット・オプション」などだ。

2つ目の種類の「保険」とは、一般的にイメージする「保険」とは違う。
(「保険」の定義は「損失・損害に対して保証すること」)

ゲーム上では、ここの話は出ていないようです。

ただし、101は。

ロバキヨが言っている通り、「1、稼ぐ/作り出す」ことは出来ますが、その次から苦手な人たちが段々増えていくようです。

確かにそうかもしれませんね。

日々、勉強ですね(^^;)


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しています。ポチっと押して頂けると嬉しいです^^

今日もキャッシュフローゲーム会を終えた私と悪代官は、近くのラーメン屋に寄ってラーメンをすすって来ました。

ずるずる♪


『個人事業とジェネラル・パートナーシップは失敗への片道切符となりかねないので要注意だ。』
(「金持ち父さんのパワー投資術」 ロバート・キヨサキ著 筑摩書房)

いかなる形で権利を所有すべきか?

そろそろ真剣に考えないといけないどきが来たような気がします。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yoneta.deca.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/237

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Calendar

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Powered by
Movable Type 3.34
Copyright(C) 2018 米田社会保険労務士事務所 All rights reserved.