トップ 社労士BLOG 私の読書ノート >何によって憶えられたいか

« 専門知識を一般知識とする | メイン | キャッシュフローゲーム会 »

何によって憶えられたいか


『何年か前に、かかりつけの腕のいい歯医者に聞いたことがある。

「あなたは、何によって憶えられたいか」。

答えは「あなたを死亡解剖する医者が、この人は一流の歯医者にかかっていたといってくれること」だった。』


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

『この人と、食べていくだけの仕事しかしていない歯医者との差の何と大きなことか。』
(「プロフェッショナルの条件」 P・F・ドラッカー著 ダイヤモンド社)


私ども米田事務所は、「何によって憶えられたいか」

私個人として、「何によって憶えられたいか」


それを追求していきたいと思います。


今、経営理念をもっと具体的に表現することを試みています。


『組織に働く者にとっては、自らの成長は、組織の使命と関わりがある。

それは、仕事に意義ありとする信念や献身と深く関わりがある。』
(「プロフェッショナルの条件」 P・F・ドラッカー著 ダイヤモンド社)

この試みが大きな変化を与えてくれるものと信じています。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へに参加しています。ポチと押して頂けると嬉しいです^^

ところで、皆さんは規則正しい生活をされてますか?

私は?というと・・・・

全然、駄目です(--;)

そこを反省して、規則正しい生活をすると決意しました。

三日坊主にならないように頑張ります(*^-’)b


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yoneta.deca.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/208

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Calendar

2016年06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Powered by
Movable Type 3.34
Copyright(C) 2016 米田社会保険労務士事務所 All rights reserved.