トップ 社労士BLOG 私の読書ノート >私の読書ノート④(一回のお客を一生の顧客にする法)

« 私の読書ノート(一回のお客を一生の顧客にする法③) | メイン | 私の読書ノート⑤(一回のお客を一生の顧客にする法) »

私の読書ノート④(一回のお客を一生の顧客にする法)

友達へのビジネス上のサービスについて、1つの指針があります。

父親の事務所に間借りをさせて貰っていたとき、父親へ家賃、水道光熱費、机その他の賃貸料も当然の如く請求されるような環境に育っているので、今までは、例え友達であったとしてもビジネスに絡むのであれば、報酬は発生すべきだと単純に考えていました。

が、しかし!

『友達が友達に対してするようなことであれば、無料にすべきだ。』
(一回のお客を一生の顧客にする法 カール・スウェル著 ダイヤモンド社)

当然、全てが全て無料ってことはありえないが・・・・・どこまでを無料とするのか?を決めるのはバランス感覚でしょうね。


ただ言えることは、

全てのマーケティングの中で一番のマーケティングは「口コミ」です。

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yoneta.deca.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/71

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Calendar

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Powered by
Movable Type 3.34
Copyright(C) 2018 米田社会保険労務士事務所 All rights reserved.