トップ 社労士BLOG 私の読書ノート >私の読書ノート(一回のお客を一生の顧客にする法③)

« 私の読書ノート(一回のお客を一生の顧客にする法②) | メイン | 私の読書ノート④(一回のお客を一生の顧客にする法) »

私の読書ノート(一回のお客を一生の顧客にする法③)

今、米田未来塾ではお客様に「当事務所のサービスについてのアンケート」を作成しようと思っています。

『重要なことはただ1つ、「顧客が何を欲しているか」であり、そしてそれを正確に知る唯一の方法は、「顧客にそれを尋ねること」なのだ。

(中略)

顧客の求めるものを推測で決めてはならない。顧客は自分が何を求めているのかを伝えたがっている。』


ちょっと次元が違うかもしれませんが、よくよく相手に話しを聞かないで自分よがりの思い込みのアドバイスをする人がいます。
うちのサービスは最高のサービスだと思っていたとしても、顧客が全然そう思って貰えないのなら、それは一人よがりの自己満足でしかありません。

そういう意味では、今回アンケートをとらせていただくことで、今まで見えなかったことが見えてくるのではとワクワクしながら、またちょっと不安な気持ちでいます。


『顧客の意見を聞くことの本当の意味は、顧客が貴社との付き合いを喜んでくれる場をつくり出すことにあることを忘れてはならない。』


今回、アンケートを行うことによって、今まで以上に顧客とより良い関係を作れる機会にしていきたいとスタッフ共々考えています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yoneta.deca.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/70

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Calendar

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Powered by
Movable Type 3.34
Copyright(C) 2018 米田社会保険労務士事務所 All rights reserved.