トップ 社労士BLOG 私の読書ノート >私の読書ノート(一回のお客を一生の顧客にする法②)

« 私の読書ノート 「一回のお客を一生の顧客にする法①」 | メイン | 私の読書ノート(一回のお客を一生の顧客にする法③) »

私の読書ノート(一回のお客を一生の顧客にする法②)

うちの事務所は、【日本一アホな社会保険労務士事務所】を目指しています♪

まず【アホの定義】をば・・・・

簡単に言うと、『何のしがらみもなく自分らしく個性を発揮する!』です。
これが簡単のようで、簡単ではないんですよね。
そのことは後日詳細を。

そのアホな社会保険労務士事務所が何をするつもりなのか?

ずばり『最高のサービス提供をする』です。


ここで引用
『もちろん誰でもいい買物をしたいと思うが、値段だけで買おうとはしない。レストランへ行って、自分が食べたハンバーガーが正確にいくらだったか覚えているだろうか。それよりもそれが自分の口に合ったかどうかだけをを覚えているものではないだろうか。』(「一回のお客を一生の顧客にする法」カール・スウェル著 ダイヤモンド社)


どこの事務所でも、手続き代行業務に関しては同じはずです。

で、あれば私達はどのような差別をすることができるのか?

そこに「+αの差別化」を図るのが、どこの事務所でも考えていることだと思います。

うちの事務所の差別化は「アホ流」ですわ!

口に合うかどうかお試し下さいませ(笑)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yoneta.deca.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/69

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Calendar

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Powered by
Movable Type 3.34
Copyright(C) 2018 米田社会保険労務士事務所 All rights reserved.