トップ 社労士BLOG >団結で陣を張る

« チャンスを生かす | メイン | Q&A »

団結で陣を張る

中国の昔、三国時代

「魏・呉・蜀」は、それぞれ

「魏」は、時の朝廷と結び「天の時」を得ていた。

「呉」は、「地の利」を得ていた。

そして「蜀」は、「団結」を持って陣を張っていた。

私の事務所で考えてみると、「蜀」を見習うべきだと思った。

今、毎日社員研修を行っていますが、結局は人材で全て決まる!

それが私の信念です。

それには、私自身の成長が不可欠と、決意を新たに致しました。

『小粒の、ろくでもない人物は駄目だ。英雄は人材を愛する。
人材を愛さなければ、英雄の役目は果たせない。』


『共に戦ってくれる中核の同志が、「これなら勝てる!」と、確信をもって進軍を開始することが不可欠。』

『戦いに勝つためには、何もまして「核を固めること」が鉄則である。』

『第一に、「人材を見つけること
それは、一人ひとりをよく知ろうとする、誠実な努力に尽きるといってよい。
 たとえ、世間には浅薄な人間関係でよしとする風潮があろうが、それは関係ない。
名前を知り、顔を知ることは当然として、あらゆる機会をとらえて、語らい合うのだ。
 共に悩み、共に祈るのだ。
 共に動き、共に戦うのだ。
 その人を知れば知るほど、「必ず人材にしていこう!」
 「必ず師匠に縁させていこう!」と、祈りは深まる。
この深き祈りこそ、「人材・拡大」の原動力である。』

『第二は、「皆に誇りをもたせること
なんであれ、張り合いがなければならない。
また、いい意味でプライドは必要だ。
「負け犬根性」では、いつまでたっても勝てないからだ。』

『第三に、「戦いのリズム」』
私の事務所でいえば、現在行っている「社員研修」をそれぞれの決意の場にしていくこと。

『第四に、地道な教学の研鑽によって、「確信」と「言論の力」を鍛える。


これら師からの指導を忘れず戦い抜いていきます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yoneta.deca.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/60

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Calendar

2016年06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Powered by
Movable Type 3.34
Copyright(C) 2016 米田社会保険労務士事務所 All rights reserved.