トップ 社労士BLOG >モチベーションと欲求

« 社会制度・文化にも生命が・・・ | メイン | チャンスを生かす »

モチベーションと欲求

モチベーションとは、「実現されるという信念を伴う、期待に支えられた欲望」のこと。

モチベーションとは、1つの生き方である。

改めてモチベーションって何だろうって考えてみた。

何故なら、私にとってモチベーションって大事なものだからだ。

上記の定義をある本から発見して、「確かに!確かに!」と感じた。

1、モチベーション自体が、「あ~やりたい!こうしたい!」という欲望である。(欲望

2、それはただの欲望ではなく、その人自身の信念・生き様に裏打ちされたものであるはずだ。
信じることなしに、達成することはできない。(信念

3、そして正しいモチベーションは、必ず行動せずにはいられなくなる。(行動


私が考えたのは、勿論「欲望」が「期待」であっては駄目だ。

つまり「あ~なったらいいなぁ」で終わってしまったらいけないということだ。

意外と「期待」は大きいが、「行動」が伴っていない人は多いものだ。

「行動が伴わない欲望」は、単なる「期待」でしかない。

欲望が信念・生き様に裏打ちされるものになると、その人の「欲望」が「使命感」になる。
「使命感」に変ると凄い力を発揮できる。

「使命」は、誰かが決めるのではない。あくまでも自分自身が決めることだ。

(「期待」 → 「行動が伴う欲望」 → 「使命感」)


最高のモチベーションは、「自分がこの世に生まれた使命」を感じること。

私自身もそうなのだが、是非自分にとっての「この世に生まれた使命(=使命感)」ってなんだろうと自問して欲しい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yoneta.deca.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/57

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Calendar

2016年06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Powered by
Movable Type 3.34
Copyright(C) 2016 米田社会保険労務士事務所 All rights reserved.