トップ 社労士BLOG >社会制度・文化にも生命が・・・

« 人の本性を見るにはペットを見ろ | メイン | モチベーションと欲求 »

社会制度・文化にも生命が・・・

松下幸之助さんの一言に驚きました。

その一言って、

『この宇宙自体が1つ大きな生命体であると考えてはどうかと思います。

その宇宙の生命があらゆるもののなかに充満しているわけです。

人間はいわば、その宇宙の生命の分身であり、その人間の形づくっている個々の細胞はそのまた分身だといえましょう。

そのことは、人間にかぎらず、どの生物についてもいえることだと思います。

(中略)

人間が作り出した文化とか社会制度といったものにも生命があるという考え方であれば、私もそのとおりだと思います。

思想であれ、文化であれ、社会体制であれ、すべて生命体として躍動しているものだと考えていいと思います。

そしてまた、生命があるということは、長短はあっても、それぞれ寿命があるということに通じると思います。

つまりどんなにすぐれた思想でも文化でも、社会体制でも、時がくればその生命を終え、そこにまた生命をもったものが生まれてくるというこです。』
(人生問答 松下幸之助・池田大作 聖教新聞社)


人が作った社会体制や文化にも生命がある。

それが目に見えないものだとしても、そこには生命がある。

就業規則にも生命がある?

会社風土にも生命がある?

・・・・・・そういうことなのかと思うと、また新たなとらえ方・見方ができるような気がします。

凄い深い言葉だと感じました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yoneta.deca.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/56

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Calendar

2016年06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Powered by
Movable Type 3.34
Copyright(C) 2016 米田社会保険労務士事務所 All rights reserved.