トップ 社労士BLOG >意思決定すべき問題には四種ある

« 正しい意思決定を導く五つのステップ | メイン | 意思決定の秘訣 »

意思決定すべき問題には四種ある

問題が発生した場合、四種類に分類する必要がある。

『意思決定の成果をあげるには、まず時間をかけ、問題が四種類のいずれであるかを知らなければならない。問題の種類を間違って理解するならば、決定も間違う。』

●問題を大きく分けると2つになる。

1、基本的な問題か?何度も起こる問題か?
 → 原則、手順を通して解決

2、例外的な問題か?個別に対処すべきことか?
 → 個別の問題として解決

●更に上記2つを4つに細分化することができる。

1、『基本的な問題の兆候にすぎない問題』

2、『当事者にとっては例外的だが、実際には基本的、一般的な問題』

3、『真に例外的、特殊な問題』

4、『何か新しい種類の基本的、一般的な問題の最初の現れとしての問題』


●『真に例外的な問題を除き、あらゆる問題が基本の理解に基づき解決策を必要とする。

原則と手順による理解を必要とする。

一度正しい原則を得るならば、同じ状況から発する問題は、すべて実務的に処理できる。

問題の具体的な状況に応じて原則を適用できる。

もちろん真に例外的な問題は個別に処理しなければならない。

例外的な問題のために原則をつくることはできない。』

●私は、問題が発生した場合に、四つの内のいずれかであろうか?と問うたことがありませんでした。

まだピンと来ていませんが、それをしなければ本当の問題解決にはならないと言われると、これからはしようと思います。

ちょっと意地が入ってます(笑)

読書は良いこと。でも実際に学んだことを実践しなければ意味がない。


(プロフェッショナルの条件 ドラッカー著 ダイヤモンド社)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yoneta.deca.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/45

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Calendar

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Powered by
Movable Type 3.34
Copyright(C) 2018 米田社会保険労務士事務所 All rights reserved.