トップ 社労士BLOG >プロフェッショナルの条件⑫

« 今日もハツラツー♪ | メイン | プロフェッショナルの条件⑭ »

プロフェッショナルの条件⑫

PART3 自らをマネジメントする

4章 もっとも重要なことに集中せよ

古くなったものを整理する
『集中するための第一の原則は、もはや生産的でなくなった過去のものを捨てることである。そのためには、自らの仕事と部下の仕事を定期的に見直し、「まだ行っていなかったとしても、今これに手をつけるか」を問わなければならない。答えが無条件にイエスでないかぎり、やめるか、大幅に縮小すべきである。もはや生産的でなくなった過去のもののために、資源を投じてはならない。』

『誰もが、好むと好まざるにかかわらず、過去がもたらした問題に取り組んでいる。これは避けられないことである。今日という日は、常に昨日の決定や行動の結果である。(中略)
今日の資源は今日使わなければならない。したがって、自分や前任者が昨日行った意思決定や行動の後始末のために、今日、時間とエネルギーと頭を使わなければならなくなる。事実、この種の仕事が時間の半分以上をとる。
しかし、過去からの継承たる活動や仕事のうち、成果を期待しえなくなったものをすてることによって、そのような過去への奉仕は減らしていくことが出来る。』

『自らが成果をあげることを望み、組織が成果をあげることを望む者は、常に計画、活動、仕事を点検する。「これは価値があるか」を自問する。答えがノーであるならば、仕事の成果や組織の業績にとって、真に意味のある仕事に集中するために、それらのものを捨てる。成果をあげる者は、新しい活動を始める前に必ず古い活動を捨てる。』

『新しいものにやさしいものはない。(中略)
新しいものを難局から救う唯一の手立てが、仕事のできる人を用意しておくことである。(中略)
新しいものは、実績のある人、ベテランによって始められなければならない。(中略)』

『古いものの計画的な廃棄こそ、新しいものを強力に進める唯一の方法である。
私の知るかぎり、アイデアが不足している組織はない。創造力が問題ではない。そうではなく、せっかくのよいアイデアを実現すべく仕事をしている組織が少ないことが問題である。みなが、昨日の仕事に忙しすぎる。』


昔から「今日の仕事は、今日のうちにしなさい。」と言われていましたが、「今日の資源は今日つかわなければならない。」というドラッカーの言葉を考えると正しいかなと思う。

ただなかなか実行できないでいますが・・・・・・

皆さんは時間管理をどのように行っていますか?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yoneta.deca.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/38

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Calendar

2016年06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Powered by
Movable Type 3.34
Copyright(C) 2016 米田社会保険労務士事務所 All rights reserved.