トップ 社労士BLOG >プロフェッショナルの条件⑤

« プロフェッショナルの条件③ | メイン | プロフェッショナルの条件⑥ »

プロフェッショナルの条件⑤

PART2 第3章 貢献を重視する

知識ある者の責任

知識労働者が責任をもって成果をあげるためには、
『貢献に焦点をあわせることは必須である。
それなくして、彼らが貢献する術はない。(中略)
彼らは、通常、1つのことだけを非常によく行えるとき、すなわち専門化したときにのみ大きな成果をあげる。(中略)
専門家の産出物は、ほかの専門家の産出物と統合されて初めて成果となる。』

『自らの産出物たる断片的なものを生産的な存在にするために、それを利用する者に「何を知ってもらい」「何を理解してもらわなければならないか」を徹底的に考えることである。
知識ある者は、常に理解されるように努力する責任がある。』

『自らの領域に責任をもつ人は、その狭い専門分野を真の全体に関係づけることができる。(中略)
彼らは、自らの仕事の成果を活かしてもらうためには、他の人のニーズや方向、限界や認識を知らなければならないことを理解している。』

知識労働者は、自分の専門分野に特化をし、その専門特化された分野とアライアンスを組む、もっと深いマスターマインドを組み生産的にしていくってことだと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yoneta.deca.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/30

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Calendar

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Powered by
Movable Type 3.34
Copyright(C) 2018 米田社会保険労務士事務所 All rights reserved.