トップ 社労士BLOG >プロフェッショナルの条件⑧

« プロフェッショナルの条件⑦ | メイン | プロフェッショナルの条件⑨ »

プロフェッショナルの条件⑧

PART3 自らをマネジメントする

1章 私の人生を変えた七つの経験③

この章の命題「成果をあげるにはどうしたらよいか」に対する答え「いくつか簡単なことを実行することである。」

1、努力を続けることこそ、老いることなく成熟するコツ。


2、誇りをもち、完全を求めること。


3、日常生活の中に継続学習を組み込んでいること。

彼らは、常に新しいことを取り組んでいる。昨日行ったことを今日も行うことに満足しない。

何を行うにせよ、自らに対し、常により優れたことを行うことを課している。

更に多くの場合、新しい方法で行うことを課している。


4、自ら生き生きとさせ、成長を続けている人は、自らの仕事ぶりの評価を、仕事そのものの中に組み込んでいる。


5、行動や意思決定がもたらすべきものについての期待を、あらかじめ記録し、後日、実際の結果と比較してきている。

そのようにして、彼らは自らの強みを知っている。

改善や変更や学習しなければならないことを知っている。

得意でないこと、したがって、他の人に任せるべきことまで知っている。


6、仕事や地位や任務が変わったときには、新しい仕事が要求するものについて徹底的に考えるべきとを教えられ、実行させられてきた。

事実、新しい仕事というものは必ず、前の仕事とは違う何かを要求するものである。


7、1~6のことすべての前提となるべきもっとも重要なこととして、成果をあげ続け、成長と自己変革を続けるには、自らの啓発と配属に自らが責任をもつということがある。

ドラッカーは簡単なことと書いてますが・・・・・・・

皆さんもそうでしょうし、私もそうですが、上記の7つの内、もう既にやっているものもあると思います。
それはそれで自信をもって今後もやっていけばいいんでしょうが、やっていないことを意識して継続してやっていく。
これは来月から来年に向けての目標と、私自身やって参りたいと決意しています。

7つの簡単なことを実行できるようになりました。有難うございます!(魔法の言葉)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yoneta.deca.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/33

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Calendar

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Powered by
Movable Type 3.34
Copyright(C) 2018 米田社会保険労務士事務所 All rights reserved.