トップ 社労士BLOG >奥義!石高配当の術 ~給与計算~

« 自己実現を目指す生命 | メイン | 金持ち父さん 貧乏父さん① »

奥義!石高配当の術 ~給与計算~

給与計算は、「期日までに」「正確に」行われることが当然ですね。一定の期日までに給与計算ができていないと、給与支給日に従業員に給与を支払うことができませんし、計算がどこか一カ所でも間違いがあると、最終的な支給額も正しくないものになってしまいます。

企業と従業員は、労働に対して給与(報酬)を支払うという労働契約で結ばれています。理由のない遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の企業への信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。しっかりした給与計算は、労働契約の根幹を支える業務なのです。

残業代の支払いや休業した場合の減給の金額などについても、さまざまな労働法による規定があります。法令に従って正しい給与計算方法をとらないことで、残業代の未払いなどを労働基準監督署などから指摘される可能性があります。労働法も、税や社会保険と同様、毎年のようにそのルールが改訂され、またいずれもかなり複雑です。とはいえ、これらは「知らなかった」で済ませられるものではありません。

また、所得税や住民税は、企業が従業員に代わって源泉徴収し、税務署や自治体に納付することになっています。さらに、健康保険や厚生年金保険といった社会保険料の従業員負担分も、企業が給与から控除して、社会保険事務所や健康保険組合に納付します。これらはすべて法令で定められており、最新の法令に則ってきちんとした処理を行わないと、法令遵守の観点からも問題が生じてしまいます。

このように給与計算は、企業にとって非常に重要な業務なのです。当事務所では、その計算部分を請け負わせて頂きます。
見積り等ご希望の方はサイト左上の事務所ご案内の中にあります【お問い合わせ】よりお問い合わせください。

>>ホームページトップ

Calendar

2016年06月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Powered by
Movable Type 3.34
Copyright(C) 2016 米田社会保険労務士事務所 All rights reserved.