トップ 社労士BLOG >自己実現を目指す生命

« ジャック・ウェルチの本に触れて③ | メイン | 奥義!石高配当の術 ~給与計算~ »

自己実現を目指す生命

【今日もハツラツー♪】

「信義は、行動の中にこそ現れる。実際に何をしたかが、信義の有無を示すのだ。
(中略)
信義に対して信義をもって応える・・・・・そこに、人間と人間の堅固なる絆が結ばれるのだ。」
(新・人間革命 信義の絆 三)


そして人生の師より

   『心一つで自分が変わる。
       世界が変わる。
         わが境涯を広々と!
      「心こそ大切なれ」だ!』     (「わが友に贈る」より)


【前書き】
  先日、一緒に社労士の受験勉強をしていたメンバーで、定山渓に行って来ました。
毎日毎日何故か暇にならないと嬉しい悲鳴をあげている私にとって、とっても欲張りな時間を過ごさせていただきました。綺麗な紅葉を久しぶりに堪能したし、一緒に行ったメンバーに感謝してます。声をかけてくれてありがとう。

SANY0021.JPG  SANY0022.JPG

 毎週、ゆっくりとした時間を送れる境涯にならないと駄目だと実感しました。そうしないと豊かな人間性を育まれないなと思います。私も、これから週末の過し方を考え直さないといけませんね。
 最近、葛西先生が「プライベイートの時間も充実させないと」と言っていたのも、このことかぁとやっと理解できたのかなって感じです。時間の過し方って大事ですね。皆さんは、充実した日々を過されていますか?


(追伸)・・・・・・・毎日、忙しい日々を過しているけど、あまり苦痛に感じるどころか楽しんでいる私は、もしかしてマゾかもって、つくづくそう思うこのごろです(笑)


【自己実現を目指す生命】 : 平成19年10月31日(水)

私の事務所では、毎月2回「社員研修」を行っています。
社員研修を行っている理由は、色々とありますが、

皆さんは「近江商人の三方よし」をご存知でしょうか?
つまり「近江商人の三方よし」とは、「買い手に良し、売り手に良し、世間良し」と三拍子のことです。

「近江商人」が、江戸時代に、出先地域での経済的貢献があるから、経済活動が許されてたそうです。
出先地域での経済的貢献が「世間よし」です。

「近江商人」の「三方よし」を、社員教育の観点で考えてみると、

①「お客様にとってはより良いサービスを受けれる機会が増えるわけですから買い手に良し」、


②「社員が成長すると会社も人的に力をつけることができ、売り手に良し」、


③そして最後に「より良いサービスが出来るようになること、世間に対しても自立した人間を輩出することは、間接的に社会貢献していることになるんだから世間良し」だと、私は思うのですがいかがでしょうか?


そんな思いで私の事務所では「社員研修」を行っています。

そんな社員研修のテキストを確認しながら、再度「そうだよな!」と思ったことがあります。
それをご紹介したいと思います。

『生命は、その進化の過程で単純なものからより高度で複雑なものを生み出してきましたが、人間もこの原理に従い、自我が自己の存在を高めようとする欲求をもっているのです。
 そのためには、毎日、積極的な心構えでたくさんの人々と触れ合うことです。それは大いなる力となって、あなたを押し上げてくれるでしょう。』(ナポレオン・ヒル PMAプログラムより)


日々、成長を実感できることを目指して


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yoneta.deca.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/15

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Calendar

2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Powered by
Movable Type 3.34
Copyright(C) 2018 米田社会保険労務士事務所 All rights reserved.